【プロミス】のカードローンでキャッシング

プロミス

プロミスの特徴
  • 30日間無利息サービス※1
  • Web契約で即日振込も可能
  • ローンカードあり・なし選択可能
  • 簡単3秒診断あり

→プロミスのお申込みはこちら

3項目で3秒診断!

毎月の返済額をチェック!

>>3秒診断

>>返済シミュレーション

プロミスのスペック

実質年率

限度額

審査時間

融資時間

自動契約機

4.5%~17.8%

最大500万円

最短30分

最短即日※2

あり

※1 メールアドレスとWEB明細利用の登録が必要です。30日間無利息ですが、元金の返済は必要です。また30日間をすぎたら利息が発生します。
※2 お申し込みの時間帯により、ご利用の開始が翌営業日以降となる場合がございます。

 

プロミスのカードローンの3つのメリット

プロミスはスピーディな審査で最短30分回答

プロミスは審査がスピーディなので、即日融資にも対応しています!
振込での融資や自動契約機でのカード受け取りもできるので、借入までがスムーズなのも特徴です!
公式サイトからは申し込みだけでなく、審査結果の診断もできるので、審査が不安なら「借入診断」をしてみましょう。

>>プロミスの公式サイトはこちら

 

プロミスは無利息サービスあり!

プロミスからの借入が初めてで、メールアドレスとWEB明細書の登録をすると借り入れの翌日から30日間無利息となります。
いままでカードローンの利用がない方は、高い金利での契約となることが多いのですが、無利息期間があれば通常よりもずっとお得に借りることができます。

>>プロミスの無利息期間について公式サイトで確認!

 

WEB完結&カードレスで来店不要で借入可能

さらに、プロミスは店舗や契約機に来店しなても契約、借入できるのです。
プロミスは、カードの発行をするか・しないかを選択することができるので、ローンカードを持ちたくない方も安心のカードレスでのキャッシングができます。※

※カードレスでの契約が可能な対象金融機関は、200行以上あります。

 

 

スピーディな審査で最短30分回答!即日融資も可能

消費者金融最大手の三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、審査スピードが早いことが特徴です。
申込から審査回答まで最短30分で、即日融資も可能なカードローンです。

 

お金が必要なその日のうちに、コンビニ、銀行を含む全国のATMから現金引き出しが出来ます。
また、自分の銀行口座に必要金額の振込融資を受けることも出来ます。

 

カードローンを利用する人の多くは、少しでも早く現金を必要としています。
土日の夕方にWeb申込をしても即日融資も可能なプロミスは、急ぎお金を借りたい人にぴったりのカードローンです。

 

プロミスの自動契約機の台数はトップクラス

無人契約機とも呼ばれる、ローン契約やローンカードの受取ができる便利なプロミスの自動契約機は、全国各地に設置されています。
この自動契約機の台数は、カードローンの利便性を測る目安になります。

 

プロミスの自動契約機の台数は、業界トップクラスです。
自宅や職場の近くで、迅速スピーディーにプロミスの契約ができる可能性が高いです。
自動契約機の近くにATMも設置されているので、プロミスカードを受け取ってすぐにキャッシングができます。

 

無人契約機へ向かう前のネット申込が便利!

いきなり無人契約機へ行くこともできますが、まずは審査のネット申込を行っておくのが良いでしょう。
あらかじめ申込をしておけば、審査結果の通知を受けてから、契約機へ向かうことができるので店舗で審査結果を待つ時間などが不要です!

>>プロミスのネット申込はこちら!

 

スマホ・パソコンでカンタン店舗・ATM検索

プロミスは、全国に有人・無人の店舗、ATMを多数設置しています。
自宅や会社あるいは今いる場所から一番近くのプロミス店舗を、スマホやパソコンで簡単に検索できます。

 

 

プロミス公式ホームページのサイトマップから、「店舗・ATM検索」を選択してクリックします。
表示される全国の都道府県地図上から検索していくことも、キーワード検索もできます。
自動契約・ATMコーナーそれぞれの営業時間と住所や地図が表示されます。
店頭窓口お客様サービスプラザや駐車場がある店舗に絞って、検索をかけることもできます。

>>プロミスの公式サイトでお近くの店舗を探す

 

無人契約機でカード受け取りなら自宅への郵送物なし!

プロミスの無人契約機でカードを発行するメリットとして、自宅への郵送物が不要となることが挙げられます。

 

カードローン利用者のほとんどは、同居する家族や恋人に借入を内緒にしておきたいと考えています。
カード郵送の場合は、自宅宛に転送不要の簡易書留郵便で送られます。
差出人は「事務センター」となっていて、一見消費者金融からの郵便物であることはわかりませんが、家族だとうっかり開封されてしまうこともあり得るでしょう。
自動契約機でのカード受取なら、不要な郵便物が届かない上に、すぐにATMでキャッシング利用ができます。

 

プロミスの店舗の営業時間|土日・祝日も利用可能?

プロミスの店舗には、店頭窓口サービスプラザ、プロミス自動契約機、三井住友銀行内設置のローン契約機の3種類があります。
それぞれ、基本的なの営業時間を表にまとめました。

 

自動契約機なら土日の契約も可能!

プロミス自動契約機 9:00 ~ 22:00 (土日・祝日も同様)
三井住友銀行ローン契約コーナー 9:00 ~ 21:00(土日・祝日も同様)
プロミス有人店舗 10:00 ~ 18:00(平日のみの営業)

 

プロミスの自動契約機は、土日祝日も平日同様に9時から22時まで基本的に利用可能です。
三井住友銀行のローン契約コーナーも、土曜日曜祝日も基本的に平日同様、9時から21時まで営業しています。
有人窓口は、平日のみ対応で10時から18時までが基本の営業時間です。
通常、お客様サービスプラザ(有人店舗)には、自動契約コーナーとATMコーナーが併設されています。
こちらの2つのコーナーは、有人窓口が閉まっても、基本的に平日夜や土日祝日も稼働しています。

 

※ 営業時間は店舗によって異なる場合があります。
※ 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認頂けます様お願い致します。 」

 

プロミスは無利息サービスありで千円単位の借入も安心

利息発生の基礎となるプロミスの実質年率は、最高でも17.8%で、消費者金融業界で比較すると少し低めの設定になっています。
同じく大手消費者金融のアイフル、アコム、モビット、ノーローンの最高適用金利は、一律18.0%です。利息は融資期間中、日々発生するものなので、少しでも金利が低いと総支払額への影響が大きいのです。

 

 

また、プロミスは初めて借入する方のために無利息サービス※もあります。
金利が高くなりがちな少額借入でも、無利息サービスがあると一定期間利息がゼロなので、安心して利用できます。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

プロミスの無利息サービスは他の金融機関と違う!

プロミスの無利息サービスと他社とのちがいは、初回30日間の無利息期間を1日も無駄にしないで利用できることです。
どういうことかというと、一般的な無利息期間は同じ初回30日間でも、契約手続日の翌日から自動的に無利息期間が消化されていってしまうのです。
融資がまだで利息発生もしていないのに、無利息期間が消えていってしまうわけです。

 

プロミスは、初回融資の翌日から無利息期間がスタートするので、1日も無駄にすることなく無利息サービスの恩恵を受けやすいのです。
ATMからでも1,000円単位でキャッシングできるので、本当に必要な金額だけを借りられ、実質年率が高くなりがちな少額融資の場合でも無利息期間ならお得にキャッシングできます。

 

さらに、無料で利用できるプロミスポイントサービスの活用で、無利息サービスを何度でも受けることができるのです。
毎月の返済日お知らせメール、郵送物不要のWeb明細など、便利なサービスを受けるだけで自動的にポイントが貯まるので、利用者の負担はありません。
任意で収入証明書類を提出すると、160ポイントも獲得できる上に、増額審査にも有利になります。

 

WEB完結&カードレスが便利!

プロミスのWEB完結とは、パソコンやスマホ一つで申込から融資まで全て完了できる申込方法で、土日祝日・夜間の申込みも可能です。

 

契約・融資まで、必要な案内は全てWeb上で受けられます。口座振替による返済方式を選択することで、郵送物が一切発生しません。
銀行振込融資によるカードレスキャッシング※ができるので、自動契約機まで出向いてカードを受け取る必要もありません。

 

プロミスから普段使いの銀行口座に振込融資を受けられるので、気兼ねなく銀行ATMからキャッシュカードで現金引き出しができます。

※カードレスでの契約が可能な対象金融機関は、200行以上あります。

 

WEB完結だから周りにばれず、カード紛失の心配もなし!

プロミスのWEB完結・カードレスキャッシングなら、誰にも顔を合わせることなく自宅や喫茶店、会社などからスマホ一つで融資手続を全て行えます。

 

とにかく家族や恋人には借入を絶対に知られたくない!という人には、WEB完結申込のリスクが一番低いといえます。

 

消費者金融の店舗に行かず郵送物もないので、周りに借金がバレる危険性は限りなく少なくなります。

 

カードローン利用がバレてしまう理由の多くが、財布の中の消費者金融などのカードをうっかり見られてしまうことです。
プロミスのWEB完結・カードレスならカード発行そのものをしないので、カードからバレたり、紛失する可能性もゼロです。

 

カードレスの場合の返済方法

ローンカードを発行しない場合は、口フリといって、毎月返済日に自動口座引落で返済が可能です。
ネット振込での返済も、いつでもできます。
このように、プロミスはカードレスでも返済は自由にできます。

 

さらに、口フリやネット返済なら手数料もゼロで、余分な手間もお金もかかりません。
プロミスの返済方式は、利用残高に応じて約定返済金額が変動する「残高スライド元利定額返済方式」という返済方法です。
返済期日は5日、15日、25日、末日から、都合の良い日を自分で選べます。毎月の固定返済とは別の臨時返済分は、全て元金に充当されるので借金が減りやすくなります。

 

振込融資は来店不要ですぐに借入可能

プロミスの振込融資なら、店舗やATMまで行かなくても、振込ですぐに融資を受けられます。
平日9:00から14:50までにプロミスインターネット会員サービスにログインして手続きを行えば、最短約10秒で指定口座に振込してもらえます。
時間外や休日でも手続は24時間可能(元日および毎週日曜日21:00から月曜日0:00~7:00を除く)で、翌営業日9:30頃には振込実施されます。

 

便利なだけでなく、手数料もいつでも0円で節約志向の方にもぴったりの融資方法です。

 

「瞬フリ」なら土日や深夜・早朝も振込融資が受けられる

平日夜間や週末に、急きょお金が必要になることもあるでしょう。そんなとき、プロミスの「瞬フリ」なら、スピーディにに自分の口座に必要金額を補充してもらえます。
いくら親しい家族や友人でも、突然夜間にお金を貸してほしいと頼むことは常識的にできないでしょう。
プロミスの「瞬フリ」なら、銀行の営業時間外でも即振込融資に対応してもらえるので、何かあったときにも安心です。

 

プロミスの「瞬フリ」を利用する条件

「瞬フリ」の利用には、次のどちらかの口座を持っていることが条件になります。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

 

口座を持っていれば、瞬フリの利用手続がすぐ行えます。
事前に振込先口座を登録しておけば、土曜の深夜飲み会の最中にお金が足りないことに気付いたとき、口座の入金忘れに気付いたときなども、24時間瞬時に振込対応してもらえます。

 

プロミスで即日融資を受ける流れ

カードローンの申込をする時間帯・曜日を確認

審査が素早いプロミスは、申込日中の最短即日融資が可能です。とはいえ、審査対応時間は設けられているため、即日融資を受けるためには申込をする時間帯や曜日が重要です。

 

プロミスは土日祝日も平日と同じ審査受付態勢を整えています。
ただプロミスでも、「瞬フリ」以外の振込融資の場合は平日指定時間内の申込でなければ即時振込は受けられないので注意が必要です。

 

また、時間に余裕をもって申込をしたとしても、申込条件をクリアしていない、信用情報に問題があるといった場合は残念ながら審査落ちとなります。
年齢条件と安定収入があることは、プロミス審査のマスト要件です。
プロミスのような消費者金融やクレジットカード会社には、貸金業法に規定される総量規制というルールが適用されます。
年収の3分の1を超える融資は原則できないことが法律で決められているので、自身に収入がない専業主婦の方は基本的にプロミス利用ができません。

 

平日の午前中ならローンカードでも振込融資でもOK!

月曜から金曜の平日午前中のWeb申込なら、プロミスのカード融資とカードレス融資、どちらも通常は可能です。
無人契約機は夜21~22時まで稼働しているのでローンカードを受け取れますし、「瞬フリ」以外の通常振込融資も14:50までなら振込の依頼ができます。
無担保・保証人不要のプロミスは提出書類も少ないので、Web申込をしてから用意しても大丈夫でしょう。

 

基本は、運転免許証などの本人書類のみです。
希望借入額が50万円を超えるときと、希望額と他社借入額との合計が100万円を超えるときは、収入証明書類が必要です。
プロミスの場合は、次の書類の中から1点必要です。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月+賞与があれば1年分の賞与明細書)

 

平日の午後なら無人契約機でローンカードを発行

平日の午後14:00までにWEB契約を完了できない場合には、無人契約機でのローンカード発行を選択することで即日融資も可能となります。
プロミスの無人契約機は通常夜22時まで、三井住友銀行ローン契約機は21時まで稼働しています。この時間までに契約機でローンカードを受け取れば、併設のATMですぐに現金融資を受けられます。
また、瞬フリ可能な三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行を振込先として指定する場合は、午後2時以降でも振込キャッシングが可能です。※
ただし、初回瞬フリ時の時間制限は公式サイトに明記されていないので、やはり早めに依頼した方がいいでしょう。

※ ただし毎週日曜日21時~翌月曜日7時までと元日はサービス停止時間帯となっています。

 

土日のキャッシング申し込み|銀行振込と在籍確認に注意

銀行の営業時間外なので「瞬フリ」かローンカード発行が必要

土日祝日など、銀行休業日に即日融資を受ける方法は次の2通りです。

  • 瞬フリ
  • ローンカード発行によるATMキャッシング

 

ほとんどの銀行は休業日の振込融資に対応していないため、自動契約機を保有していないカードローン会社などは、土日の即日融資には対応できないのが実情です。
土日は審査申込みに対応していない銀行カードローンが多いのは、このためです。
業界トップクラスの自動契約機数を誇るプロミスは、業務提携関係にある三井住友銀行内のローン契約機も利用できます。
このように、プロミスなら土日申込でも振込融資(瞬フリのみか可能)、ATMからのカード融資、どちらの方法でも即日融資も可能です。

 

プロミスの土日の申し込みは在籍確認できるかが重要

土日でも即日融資可能なプロミスですが、審査基準やプロセスが変わるわけではありません。
特に注意しておきたいのは、カードローン審査に欠かせない在籍確認です。

 

土日の申込の場合には、在籍確認を無事完了できるかどうかが、即日で契約完了するためのポイントになります。

 

 

プロミスの審査の流れ

カードローン審査の流れは、簡単にすると以下のようになっています。

  • 申込フォームの記載内容に基づいた属性審査
  • 個人信用情報の照会確認
  • 融資が可能かの判断
  • 職場への在籍確認
  • 契約手続き

 

一般的に在籍確認は、申込書記載の勤務先に審査担当者が電話をかけて行います。
プロミスも、同様の在籍確認方法が取られます。
電話の目的がカードローン審査の一環であることは絶対に会社に告げられませんし、プロミスという商品名が職場の上司や同僚に伝わる心配もありません。
プライバシーに十分配慮の上、業者名は告げず、担当者の個人名を名乗って電話をかけてくれます。

 

土日の審査に対応していても、会社が休みだと職場への在籍確認が完了しないので、翌営業日の確認となってしまいます。
土日に会社に人がいないことがわかっているとき、会社に自由に出勤することが可能であれば、休日出社した状態で自分のスマートフォンからプロミスWeb申込を行い、在籍確認電話を自分で受けるという方法があります。
これは、全く問題ありませんが、休日出勤は事前許可が必要だったり、記録が残るので無理という場合は、Web申込後プロミスのフリーコールに電話をかけて電話での在籍確認について相談してみることをおすすめします。

 

プロミスの2種類のネット申し込み方法

時間と場所を選ばず申込めるプロミスのWeb申込は、入力方法によって次の2種類あります。

  • カンタン入力申し込み
  • フル入力申し込み

 

キーボード操作が苦手な人でも短時間で可能なカンタン入力と、電話連絡を省略できるフル入力があります。
どちらも、来店不要であることに変わりはありません。
また、審査基準も同じです。申込方法のちがいによって審査に影響はありませんので、自分に合う方を選べば大丈夫です。

 

「給料も高くないし、審査に通らないんじゃないかと不安」
このようにプロミスの本申込を躊躇している場合は、個人情報入力なしで融資の可能性を気軽に試せる、プロミスサイト上の審査シミュレーションを利用するといいでしょう。
生年月日、年収、現在の借入額の3点の情報だけで、融資の可否を数秒診断してくれます。
その時点で融資可能か確認してから、カンタン申込もしくはフル申込に移行することができます。お試し診断時に入力した内容が反映されるので、入力の二度手間も省けます。

>>プロミスの審査シミュレーションはこちら

 

カンタン入力でカードローン申込をする

プロミスのカンタン入力申込を選ぶと、必要最小限の入力だけで申込を完了できます。
はじめに、個人情報の取扱いに関する同意事項や、実質年率、限度額内で借入できることなど、プロミスのサービス詳細が記載された商品内容等を読んで、同意の上での申込が求められます。
生年月日、連絡先、年収などの勤務先情報が、主な入力項目です。
Webと来店、希望の契約方法を選択します。希望連絡先を自宅・勤務先・携帯電話から自由に選んで、連絡時間帯も指定できます。最短融資を希望のときは、「なるべく早く」を選択することをおすすめします。

>>カンタン入力でのお申込みはこちら

 

フル入力でカードローン申込をする

Webで全ての手続を完了できるフル入力申込の場合も、同意事項等の確認をまず行います。
カンタン入力の情報に加えて、家族構成や子供の有無、運転免許証の有無、健康保険証の種類、勤務先の職種や業種、他社借入状況など入力項目が増えます。

 

手間がかかるのはちょっと・・・と思うかもしれませんが、タイピング入力は不要でほぼ全て選択式です。
フル申込の特徴として、基本的に電話での確認はありません。電話をかけてほしくない場合は、フル入力がおすすめです。
メールアドレスとパスワード設定をして、審査結果や契約手続の連絡も基本的に全てWeb上で行います。
ただ、申込内容に不備があるなど、個別の事情によりフル入力申込でも電話が入る場合もあります。

>>フル入力でのお申込みはこちら

 

プロミスのカードローンで借入・返済ができるATMはどこ?

三井住友銀行の提携ATMなら手数料0円!

業界最大手のプロミスは、借入・返済で利用できるATM数も豊富です。プロミスの主な提携金融機関を、下記一覧にまとめています。

  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 東京スター銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 横浜銀行
  • イオン銀行
  • 西日本シティ銀行

 

プロミスのメリットの一つが、メガバンク三井住友銀行と業務提携していることです。
このため、プロミスの返済時、キャッシング時どちらの場合も、三井住友銀行ATMを手数料無料で利用できます。
通常の手数料は、取引金額が1万円以下なら108円、1万円超なら216円となっています。

 

また、24時間営業の全国のコンビニエンスストアからも、プロミスのキャッシングと返済が可能です。
プロミスと提携関係にある、セブン銀行ATM・イーネットATM・ローソンATMは、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、スリーエフなどに設置されているATMです。
返済だけなら、ローソン、ファミマ、ミニストップに設置されているメディア端末から行うこともできます。
ローソンとミニストップのLoppiやファミマのFamiポートを利用すると、返済手数料は0円になります。
同じコンビニ内でも、キャッシングはATMを利用して、返済時のみ手数料のかからないコンテンツを使うのが賢い技です。

 

また、プロミスの返済はペイジー(Pay-easy)からもできます。ペイジーとは、各種料金支払を携帯電話やスマホ、パソコンから24時間行えるネットワークサービスです。
手数料も無料で、ネット上でカンタンに返済できます。オンラインで気軽に返済したいときも、ATM操作で現金を直接入金して返済したいときも、プロミスならお好きな返済方法を都度自由に選べます。

 

プロミスは返済のシミュレーションも可能

プロミス公式サイトには、便利な返済シミュレーションが用意されています。
「結婚までの6ヶ月間で完済するために、月々の返済金額が知りたい」
「生活の質は落とさないのが自分のポリシー。余裕をもてる返済額での返済期間が知りたい」
プロミスの返済シミュレーションでは、このような個々の希望や事情に応じて必要な計算をしてくれるので、計画的なキャッシング利用にも役立ちます。

>>プロミスの返済シミュレーションはこちら

 

プロミスのカードローンでキャッシングする方法まとめ

もう夕方、でも急な出費で当日中にどうしても現金が必要・・・というときに重宝するのが、迅速審査のプロミスです。
パートやアルバイトの方でも、安定収入があれば申込ができます。
初回30日間無利息に限らず何度でも利用できる無利息サービスや、女性専用窓口のレディースキャッシングが用意されているなど、プロミスは利用者のニーズに則したカードローンです。
プロミスは安心のメガバンクグループに属し、500万円までの大型融資が可能なことから、便利なおまとめローンとしても人気が高まっています。
一方で、プロミスの最高金利は消費者金融業界で最も低いので、少額キャッシングでもお得に利用できます。

 

プロミス

プロミスの特徴
  • 30日間無利息サービス※1
  • Web契約で即日振込も可能
  • ローンカードあり・なし選択可能
  • 簡単3秒診断あり

→プロミスのお申込みはこちら

3項目で3秒診断!

毎月の返済額をチェック!

>>3秒診断

>>返済シミュレーション

プロミスのスペック

実質年率

限度額

審査時間

融資時間

自動契約機

4.5%~17.8%

最大500万円

最短30分

最短即日※2

あり

※1 メールアドレスとWEB明細利用の登録が必要です。30日間無利息ですが、元金の返済は必要です。また30日間をすぎたら利息が発生します。
※2 お申し込みの時間帯により、ご利用の開始が翌営業日以降となる場合がございます。

プロミスの貸付条件・提出書類

融資額 500万円まで
実質年率 4.5%~17.8%
対象年齢 年齢20歳以上~69歳以下
必要書類
  • 運転免許証(ない方は、健康保険証+1点(例:住民票)またはパスポートをご用意ください)
  • 外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください
  • 借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です
  • 個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です
担保・保証人 不要
ページトップへ戻る