ミスターカードローンの金利を下げるには?増額という方法もある!

ミスターカードローンプレミアムコースは低金利なことが人気です。
楽天銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行などの大手銀行系のカードと比べても低金利さが目立ちます。
そのため、特に低金利でお金を借りたい人は作成してみて欲しいカードになっています。

 

 

 

ミスターカードローンの金利と限度額の関係について

住信SBIネット銀行のカードローン、ミスターカードローンの金利について更に詳しく迫っていきましょう。
スタンダードコースならば10万円~100万円で、年14.79%、100万円超~200万円ならば年11.99%、200万円超~300万円ならば年8.99%です。
一方、プレミアムコースになると10万円~100万円ならば年7.99%、100万円超~200万円ならば年6.39%、200万円超~300万円ならば年5.29%、300万円超~500万円ならば年4.99%、500万円超~700万円ならば年3.99%、700万円超~900万円ならば年2.99%、900万円超~1,000万円ならば年2.49%、1,000万円超~1,100万円 ならば年2.39%、1,100万円超ならば年1.59%で借りることができます。
このように金利は限度額が高くなるにつれて低くなってきます。
また、所定の条件を満たせば更に基準金利よりも金利が下がります。
例えば、SBIカード保有しており引落口座設定をしていれば年0.1%基準金利から引下げされます。
他にも、SBI証券口座保有登録済の場合や住宅ローンをSBIから借りている場合には年0.5%引下げとなります。
上の2条件を満たすことで最大で年0.6%引下げともなることから活用しておきたい割引サービスになっています。
こうした金利と限度額の関係を理解するには利息制限法や貸金業法についても押さえておくことが大事です。
利息制限法とは暴利による問題や借り主による搾取を避けるために設けられた法律であり、金銭貸借全般に適用されます。
カードローンもこの利息制限法の制限を受けるものの一つです。
金利が高くなると返済できなくなる人が多くなることからこの利息制限法で一定額の金利を設けています。
利息制限法では元本が10万円未満の借金であれば金利は年に20%まで、100万円未満であれば年18%未満までといったように元本の額に従って金利の上限が定められています。
ミスターカードローンの金利上限もこの金利制限法の適用を受けているというわけです。
また、利息制限法は遅延損害金についても定めています。
この利息制限法を守らずに貸し出された金利は基本的に無効となり、返す必要性もなくなります。

他に貸金業法についても理解しておきましょう。
これは消費者金融、などの貸金会社の業務内容などについて定められた法律です。
平成18年に新設された法律でもあります。
この貸金業法では利息制限法で定める金利以上でお金を貸すことができると定められており、利息制限法の内容を骨抜きにしてしまうといった批判がありました。
こうした声を受けて今では貸金業法も利息制限法と抵触しないような運用がされています。

 

 

 

カードローンの下限金利は実はあまり重要ではないことも?!

紹介したようにミスターカードローンの金利は年に1%程度にまで下がります。
しかし、幾ら下限金利が低くても、実際に最低の金利で借り入れする事が出来る人は限られています。
具体的には、こうした下限金利が利用できるのは収入・信頼がある人に限られてくるのです。
そのため、通常の人の場合には金利もそこまで低くなりません。
これはアイフル、モビット、オリックス、アコム、プロミス、イオンなどで借りる場合も同じことです。
とはいえ、後述するように増額申請をすることによって融資額だけでなく金利も下げていけますから、トライしてみるのも良いでしょう。

 

 

ミスターカードローンで30万円借りた場合の利息を計算しよう

最大金利である14.79%の状態でミスターカードローンで30万円借りたとしましょう。
この場合には44379円、年間にして利息が生じます。
もちろん、これはミスターカードローンで借りる場合の最大金利なので、通常はもっと金利が低いのが通常です。

 

 

金利と利息の違いを徹底解説!

金利と利息の用語の違いがわかりにくいという人もいるでしょう。
確かに両者は似ていますが、その実態は大きく異なります。
ここではそんなポイントについて解説しましょう。
まず、金利は貸借や預金に対する対価を表します。
また、金利●%と表示される際には、年利のことを指しています。
利子は金利計算によって生じた対価のことです。
例えば、金利5%で100万円を一年間借りた際には、5万円を利子として支払うこととなります。
利子は利息と呼ばれることもあります。
他にも、利子は借りた際に支払うもの、利息は貸した際に受け取るものといった区別をされることもあります。
こうした違いを押さえておくことでお金を借りる際にも迷うことがなくなるはずです。

 

 

ミスターカードローンで借りれるかどうか不安・心配ならばお試し診断を活用してみよう

ミスターカードローンが利用できるか分からない、利用を検討しているといった人もいるでしょう。
こういった場合にはインターネットから簡単に利用できるお試し診断を利用してみてください。
これは簡単な情報を任意入力することで適用金利などがわかるというものです。
これは在宅しながらでも便利に利用できますし、利用料なども特にありません。
そのため、申し込む前にはこちらのお試し診断を利用して借りれるかどうかチェックしてみるのも良いでしょう。

 

 

ミスターカードローンの金利は実は下げられる

限度額の増額をして金利をオトクに下げてみよう

「金利が高すぎる」と思っている人は増額申請をしてみると良いでしょう。
ミスターカードローンはメガバンク系の金融機関のカードと同じように増額に対応しています。
増額申請は適用金利と融資限度額の見直しをするものであり、よりお得に借りれるようになることがあります。
増額申請をして融資限度額が上がれば適用金利が下がることもありますが、これはケースバイケースです。
例えば、数十万円程度融資限度額が上がっただけでは適用金利が変更しないこともあります。
こうした増額申請は魅力的なものですが、場合によっては増額どころか限度額が下がることもあります。
例えば、転職などによって年収が下がった場合です。
こうしたケースだと融資額が下がるとともに、適用金利もそれに応じて下がることがあります。
他に、過去に延滞をしたことがあるといった場合にも限度額が下がる危険性があります。
こうしたことを回避するには延滞などのデメリットのある行為はなるべく行わないほうが良いでしょう。

 

また、増額によって金利が下がる場合もあるかどうかについても説明してください。

 

 

増額するコツとは?年収なども関係する

ミスターカードローンは返済方式が多様、毎月の返済金額が少ないといった魅力があります。
ミスターカードローンは貸出限度額が増えるにつれて超低金利でお金が借りれるようになるというのもそんな魅力の一つです。
増額はコールセンターで担当者に電話することで申込を実施しますが、その流れは最初にミスターカードローンに申し込んだ際とあまり変わりありません。
在籍確認なども平日にされることがありますし、貸出希望額が多い場合には収入証明書などの提出ももとめられます。
そんな増額審査に受かりやすくするためのコツですが、まず利用実績を積む事が大事です。
例えば、契約後数日程度しかたっていなにの増額申請してもまず無理です。
最低でも3ヶ月以上、できれば1年以上契約日から経過してから増額を申し込むようにすると良いでしょう。
また、日数が一定期間以上経過しているだけでなく、利用実績もしっかりあることが大事です。
例えば、年に1回程度の利用では増額申請が受け入れられないこともあります。
毎月無理に利用しろとはいいませんが、できれば数ヶ月に一回は必ず利用しておきたいところです。
借入額もできれば枠ギリギリに借りることで、増額の必要性を解ってもらえます。
こうしたことは小さなことのようにも思えますが、実際には審査会社もしっかりチェックしているのです。
また、増額時に契約変更ができることがあります。
ミスターカードローンにはスタンダードコースとプレミアムコースがありますが、審査会社からコース変更について打診があれば変更できることもあるのです。
プレミアムコースは金利も低いですし、サービスも充実していますから、もしも利用できるようならばプレミアムコースに切り替えておきましょう。
もちろん、プレミアムコースに切り替えるには信用がないと出来ません。

他にも、収入が増えていることも必須です。
実際、収入が増えていないと増額申請をしても融資限度額が上がるのは難しいでしょう。
ミスターカードローンは総量規制の影響を受けないですが、だからといって年収に関係なくお金を貸してくれるわけではもちろんありません。
収入が少ない=支払い能力が低いということであり、それだけ融資額も少なくなってしまいます。
収入が増えていないのに偽って増額申請をする人もいますが、こうしたことはかなりの確率でバレてしまうことも理解しておきましょう。
最悪の場合、こうしたことをするとSBI証券を解約しなければいけなくなります。
他に、増額審査自体は何度も受けられます。
そのため、増額審査に落ちてもがっかりせずに一定期間が経ったら再度申し込んでみると良いでしょう。
例えば、カードローンによっては契約してから一定期間が経たないと増額審査を受け付けてくれないこともあります。
こういったこともありますから、何度も応募しておくことがおすすめなのです。

 

 

ミスターカードローンの金利に関するポイント

・ミスターカードローンの金利は他の金融機関と比較しても低い
・金利は申込時に選択することができる
・金利は融資限度額に反比例して下がる
・金利は貸金業法や利息制限法などの影響も受ける
・金利と利息の違いも理解しておこう
・お試しシュミレーションも役立つ
・ミスターカードローンはバンクイックなどと同じように増額審査してもらえる
・職業などが変わった場合には本審査時に増額どころか減額されることも
・増額にはコツがいろいろとある
ミスターカードローンはお得な金利で借りれるカードです。
金利は融資限度額と関係してきますが、場合によっては増額して金利を下げることも可能です。

 

 

 

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る