女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

みずほ銀行カードローンの返済方法と毎月の返済額について

みずほ銀行カードローンは毎月いくらからの返済が可能?

毎月の必須返済額は規定となっており、融資限度額と残高スライド方式による前月10日の利用残高に応じて決まります。

 

例えば、利用限度額が200万円未満の場合に、前月10日の利用残高が1万円未満なら、その月の返済額は利用残高全額となり、1万円以上50万円以下の残高なら1万円の返済、50万円超で100万円以下の残高なら2万円の返済となっています。
高限度額の場合の詳細を知りたい方は公式サイトでご確認ください。

 

また、みずほ銀行のカードローンの公式サイトでは、返済プランをシミュレーションできる便利なサービスがあります。

 

カードローンを申込む前に、「3年以内には借金の返済を終わらせたいけれど毎月いくら返済していけば良いのか」「毎月最低1万円は返していけるけれど30万円借りたとしたら返済期間はどのくらいになるのか」など、自分の都合に合わせて返済期間や返済回数、返済金額別にシミュレーションし検証を行うことが可能です。

 

みずほ銀行カードローンの返済は自動引落がメイン!

借入金の返済方式は、必須である約定返済任意返済の二通りがあります。

 

必須の返済方法は、自分の銀行口座からの自動引落しとなっており、そのためにカードローンの申し込みにはみずほ銀行の口座開設が条件となっています。

 

毎月決められた約定返済日に、前月10日時点の借入残高をスライドして返済額が決定され、その金額が口座引落しとなります。毎回返済日や返済金額を気にする必要がなく、振替や振込、ATMでの返済のような手間や手数料がかからないのが魅力で、非常に便利な返済方法と言えます。

 

みずほ銀行カードローンの引き落とし日は?いつまでの入金が必要?

自動引き落としは毎月10日に行われます。
10日がみずほ銀行休業日に当たる場合は翌営業日が返済日となります。
引き落としが実際に行われるのは引き落とし当日の夜間となります。

 

口座残高が返済金額を下回っていると残高不足となり返済ができず返済遅延となってしまいます。
遅くとも返済日の前日まで、できれば余裕を持って月初日辺りには返済額相当以上の金額を口座に入金し、口座残高が返済に十分足りていることを忘れずに確認するようにしましょう。

 

みずほ銀行カードローンは任意返済も可能!

お金に余裕のある時や少しでも早く返済を終わらせたい場合など、必須の口座引き落としによる返済に加えて、随時返していけるのが任意返済です。返済金額や頻度は決められておらず、自分の都合に合わせて返済ができます。

 

任意返済の方法は、申し込み時に選択したカードタイプによって異なります。

 

【キャッシュカード兼用型を使用している場合】
みずほダイレクト、みずほ銀行ATMの他、提携コンビニATMで返済が行えます。ゆうちょ銀行や提携金融機関ATMはキャッシュカード兼用型は対象外となり利用できないので注意してください。

 

【カードローン専用型を使用している場合】
みずほダイレクト、みずほ銀行ATMの他、提携コンビニATMやゆうちょ銀行ATM、イオン銀行ATMで返済が行えます。
その他の提携金融機関ATMでは基本的に振り込みによる返済のみが行えますが、借入以外の取引ができないところもあります。

 

【任意返済の注意点】

  • 返済額全額が借入金の元金返済に充てられるので、利息の清算はされません。
  • みずほ銀行ATMと提携金融機関のイオン銀行のATM利用は時間によって手数料がかかることがあります。
  • イーネットやローソン、セブン銀行など提携コンビニATMの利用は手数料がかかり、利用金額によって違ってきます。
  • イオン銀行以外の提携金融機関ATMの利用は手数料がかかります。利用時間、利用金額によって金額は違ってきます。
  • 任意返済を行った場合でも、毎月10日の自動引き落としによる返済は必ず行われます。残高不足に陥らないよう気をつけてください。

 

 

みずほ銀行カードローンは硬貨での返済はできる?

必須返済方法の口座引き落としでは、千円未満の端数を気にする必要がありません。
任意返済の場合は元金の返済となるため、こちらも利息分の端数を気にする必要はありません。
「お札はないけれど貯金箱に溜まった小銭がたくさんある」などどうしても硬貨を使っての返済を希望する場合は、硬貨を扱っているATMを利用するか、みずほ銀行の店頭窓口にて行うことになります。

 

コンビニや信用金庫、信用組合のATMは硬貨を扱っていないところがほとんどです。
みずほ銀行をはじめ、ゆうちょ銀行や都市銀行、地方銀行のATMでは硬貨に対応しているところも多いですが、利用できる時間や枚数に制限があります。

 

みずほ銀行カードローンは任意返済しても自動引落される?

任意返済を行った場合でも、必須の返済方法である毎月10日の自動引き落としは必ず行われます。
任意返済を行った月でも自動引き落としによる返済ができなかった場合は延滞となってしまいます。
手持ちのお金に余裕があるからといって任意返済を積極的に行った結果、返済日である10日の時点で残高不足に陥ってしまったというようなことにならないよう気をつけてください。

 

カードローンは全額返済・繰上げ返済で利息がお得になる?

まずはみずほ銀行カードローンの利率を見ていきましょう。
SMBCモビットや新生銀行レイク、ジャパンネット銀行(いずれも上限18.0%)、オリックス銀行(上限17.8%)など他社のカードローンに比べると低金利ではありますが、利息も積もれば山となり、減らせるものなら減らしたいですよね。

 

みずほ銀行のカードローンでは、借入額の残高によって利息が計算されるので、借入元金を減らせば、利息も減らせることになります。

 

ボーナスや臨時収入が入って借入残高を一括返済できるなら、ぜひ一括返済することをお勧めします。
「他のことにも使いたいから返済はこれまで通りでいいや」という方もいるでしょうが、返済シミュレーションを使って、節約できる利息の金額を調べてみてください。

 

>>返済シミュレーションでチェック!

 

また、一括で全額返済することは無理でも、毎月少しずつでも必須の返済に加えて任意で繰り上げ返済をしていければ、返済期間が短縮します。追加で繰り上げ返済をした分だけ元金が減り、それによって利息もどんどん少なくなっていきます。

 

無理のない範囲で出来るだけ早く完済出来るように努めましょう。

 

 

みずほダイレクトでのカードローンの返済について

利用中のカードローン口座をみずほダイレクトに登録していると、パソコンやスマホ、電話で、インターネットバンキングやモバイルバンキング、テレホンバンキングが利用でき、借り入れ、返済、残高照会が来店不要で自宅や職場などからいつでも行えます。
みずほダイレクトを利用して任意返済を行なうメリットとデメリットを解説します。

 

【メリット】

  • 店舗やATMへ行く手間がない

    自宅や職場からパソコンやスマホ、電話で取引が行えるため、店舗やATMへ出かける必要がなく、最短スピードでの返済が可能です。

  • 24時間OK

    店舗やATMは利用可能な時間に制限がありますが、みずほダイレクトは基本的に24時間受け付けているので土日や夜間などでも取引ができます。
    ただし、土曜日22時から日曜日8時までと、第1、4土曜日の3時から5時までのシステムメンテナンス時間は利用できません。その他の利用時間の制限は以下の通りです

  • 手数料無料

    ATMでの返済では手数料を支払わなければいけないのに対し、みずほダイレクトでは利用する時間や金額にかかわらずいつでも無料なのでお得です。

  • その他

    口座振替による任意返済の他、自分の口座への振り込みキャッシングや、カードローン口座の残高照会もできます。また、カードローン口座以外にも普通預金口座をみずほダイレクトで利用する際に、振込手数料が店舗やATMで行うよりも安くなりお得です。

 

【デメリット】
利用中のカードローン口座をあらかじめ登録しておかなければ利用できないので、みずほダイレクトへの申し込みが必要となります。
申し込み手続きは、インターネット、電話、または窓口にて書類を提出して行います。
また、申し込みのオーダーから初回の利用できるようになるまでに1~2週間ほどかかるので、カードローンの審査回答を受けて通過の可否がわかったらすぐに申し込んでおくのが良いでしょう。

 

 

口座の残高が不足!返済できないとどうなる?電話連絡がある?

毎月10日の約定返済日に残高不足により自動口座引き落としによる返済ができなかった場合、延滞となります。

 

【延滞してしまった場合に起こること】

  • 延滞金の発生とカードローン利用の停止

    本来毎月10日、または翌営業日の夜間に口座引き落としにより返済が行われますが、引き落としができなかった場合、その翌日から延滞となり、即時にカードローンの利用が停止され、新たな融資が受けられなくなります。同時に利息とは別に遅延損害金が発生します。
    延滞が長く続けば続くほど遅延損害金の金額が増えていくので、支払わなければならない金額が増えていきます。

  •  

  • 督促状の郵送や催促の電話がある

    延滞から最初の数日間はみずほ銀行からの連絡は特にありません。
    1週間ほど延滞が続くと、電話かハガキで連絡が入ります。
    無視していると最後通告とも言える督促状が自宅へ届くことになります。
    体験談などでも見られますが、最悪の場合は、カードローン契約の強制解約となり、借入金額の一括全額返済を求められたり、法的措置を取られる可能性があります。
    こうなってしまうと債務整理や自己破産などに陥るケースも多く、信用情報に金融事故として記録が残ることになります。
    一旦金融事故をおこしてしまうと今後少なくとも5年~10年、最悪の場合は一生、銀行はもちろん消費者金融会社からの借り入れも出来なくなり、クレジットカードを作ることもできません。

 

【延滞時にとるべき行動】

  • みずほ銀行へ電話する

    返済ができなかったことに気がついたら、ただちにみずほ銀行へ電話を入れましょう。
    返済できなかった理由といつまでに入金できるのかの目処を伝えて、返済する意思があることを示す必要があります。もし、返済できないことが事前にわかっている場合は前もって電話で相談することもできます。また延滞で不明な点などがあれば電話で問い合わせて回答を得ることができます。

  •  

  • 用意が出来たらすぐに入金する

    返済額と遅延損害金の合計額の用意が出来たら、すぐに口座へ入金しましょう。
    入金した日の夜間、もしくは翌営業日の夜間に返済の処理が行われます。
    遅延損害金は1日単位で計算され増えていくので、一刻も早く返済することが重要です。
    返済が完了するとカードローンが再び利用できるようになります。

  •  

  • 督促状や催促の電話は無視せず応対する

    きちんと応対し、誠意を見せることが大切です。
    最悪のケースに発展しないよう、少しずつでも返していけるのならその旨を伝えましょう。

 

返済期間や返済額が知りたいなら返済シミュレーションが便利!

  • 返済方式は必須の約定返済と任意返済がある
  • 約定返済は毎月10日の返済日に自動口座引落
  • 返済額は限度額と借入額により決まる
  • 任意返済はATMやみずほダイレクトで随時可能
  • 任意返済を行っても自動引落による返済もあり
  • 任意返済で繰上返済、全額返済すると利息がお得
  • みずほダイレクトでの任意返済は手数料や時間など便利
  • 銀行ATMでは硬貨での返済が可能

 

無計画な借り入れで返済が長期化したり残高不足で返済遅延を起こしたりする前に、公式サイトのローンシミュレーション機能を使ってチェックしきちんと返済プランを考えましょう。
返済期間や返済回数、返済金額ごとにシミュレーションを行えるので無理のない借り入れと返済の計画が立てられます。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る