モビットは総量規制の対象?|借入限度額の注意点

モビットは総量規制を越えての借入は可能?

総量規制とは個人が貸金業者から受ける借入金額の総額に制限を設けるもので、貸金業法にて定められています。

 

カードローンを取り扱っている金融機関は主に銀行と消費者金融です。
銀行と消費者金融はその業務をおこなうにあたり従うべき法律が異なります。
銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法です。

 

三井住友銀行グループモビットですが、モビットは貸金業者なので貸金業法に従います。
したがって個人がモビットから総量規制を越えて借入することはできないということです。

 

総量規制の影響|年収600万円ならいくらまで借りれる?

総量規制についてもう少し詳しく解説しましょう。
総量規制では個人が貸金業者から借入できる借入総額の上限(借入限度額)を、年収の3分の1までと規定しています。
つまり年収600万円のひとは、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者から合計で200万円までなら借入が可能です。

 

年収はカードローンを申請する際に提出する収入証明書(源泉徴収書、給与証明書、納税通知書、所得証明書、確定申告書など)で把握します。
他社からの借入状況は個人信用情報で把握します。
個人信用情報とは国から指定された信用情報機関によって登録管理されている個人の借金や返済状況などの情報です。
各金融機関は信用情報機関に加盟し情報を共有、適宜、個人信用情報を確認して審査基準に従い融資の可否を判断します。

 

複数社からの借入は損?

モビットに限らず、カードローンの適用利率は借入限度額と利用状況によって変動しますが、基本的に借入限度額が多いほど利率は低くなる仕組みになっています。
借入限度額はいわゆるローン審査(申請に時に年収や勤務先、他社からの借入状況などを調査)の結果から初期設定され、その後の利用実績で増減も可能です。
モビットに限らず消費者金融では初回利用で最高利率の18.0%、借入限度額100万円を境に適用利率が下がっていくのが一般的なようです。

 

毎月滞らせることなく返済をおこない、時折借入もするというような計画的で上手な利用の仕方をしていれば、信用が積み上げられ借入限度額を増やすことが可能になります。
借入限度額が多くなれば適用利率が低くなりますね。
このように考えると、複数の消費者金融から少しずつ借入れするよりも、1社に絞って上手に利用したほうが適用利率を下げることができるので、返済も楽になると言えそうです。

 

モビットで総量規制いっぱいまでの増額は厳しい?

総量規制はあくまでも個人が貸金業者から借入できる金額の総額ですから、他の消費者金融で借入をおこなえばモビットが貸出せる金額は少なくなり、受取る利息も少なくなります。
それに加え複数社から最高利率で借りているとすれば、返済負担は大きくなり、返済できなくなる可能性は高くなります。
他社からの借入れの可能性があるのならリスク回避の意味からも、モビットが総量規制いっぱいまで借入限度額を増額する可能性は少ないでしょう。

 

 

モビットに総量規制対象外のローンはありますか?

ではモビットの商品に総量規制の対象外となるものはあるのでしょうか?
基本的に消費者金融の商品は総量規制の対象となります。
モビットも例外ではなく、総量規制によって借入額が制限されます。

 

ですが、消費者金融の中には総量規制の対象とならないローンを扱っている場合もあります。
例えば年収300万円のひとがA社、B社からそれぞれ年利18.0%で借入をし、現在の返済残高が合わせて120万円になっていたとします。
ここで1社からまとめて120万円を年利15.0%で借入れて、A社、B社に一括返済してしまうような方法をいいます。
本来、年収300万円であれば総量規制で年収の3分の1の100万円までしか借りられません。
しかし適用利率が18.0%から15.0%になれば、返済額が減り利用者の返済負担は軽くなります。

 

このように利用者に一方的に有利になるケースであれば、借入限度額を超えた借入が例外的に許可されています。
ただし総量規制は当然守らなければなりませんので、返済残高が借入限度額未満になるまでは、これ以上の新規借入れはできません。

 

総量規制の対象になるのはどんな借入?

総量規制の対象となる借入の条件をまとめます。

  • 借入先が貸金業者
  • 個人向け融資
  • 無担保

 

上で上げたような例外はありますが、基本的に消費者金融からの個人の借入は総量規制の対象となると考えましょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象?

カードローンと同じようにATMやCDからお金を借りることができるものに、クレジットカードのキャッシングがありますね。
このキャッシング枠も総量規制の対象なのでしょうか?

 

結論から言えば、クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象です。
クレジットカードを発行しているクレジットカード会社や信販会社も貸金業者として各都道府県か財務局に登録しています。
したがってクレジットカードのキャッシングも総量規制の対象となります。

 

モビットのカードローンと総量規制の関係まとめ

・モビットも貸金業法に従い総量規制の範囲内で融資業務をおこなう
・総量規制いっぱいまで借入限度額を増額できる可能性は少ない
・総量規制の対象は貸金業者が取り扱う個人向けの無担保融資
・クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象

 

モビット

モビットの特徴
  • 最短30分で審査完了※1
  • 10秒で簡易審査結果表示※2
  • WEB完結なら電話連絡なし
  • 土日も使える無人契約機あり※3

→モビットのお申込みはこちら

融資可能か知りたい

毎月の返済額をチェック!

>>10秒簡易審査結果表示

>>返済シミュレーション

モビットのスペック

実質年率

限度額

審査時間

融資時間

無人契約機

3.0%~18.0%

最大800万円

最短30分※1

最短即日※4

あり


※1 月~金の19:00までに申し込みの場合(祝日を除く)
※2 カード申込の場合
※3 夜9時まで利用可能ですが、営業時間は設置場所により異なります
※4 審査により希望に添えない場合もあります

消費者金融会社からお金を借りたいと考えているのであれば、モビットのキャッシングサービスがおすすめです。その理由は申し込み方法とそのサービス内容にあります。まず申し込みには本人確認書類が必要になります。運転免許証やパスワードなどを利用できるので、事前に用意をしておくと良いです。申し込みは様々な方法に対応しています。一般的な電話やFAXの申し込みから、WEBやスマートフォン向けのアプリからの申し込みまで、色々な方法に対応しています。店舗に設置されている無人機からの申し込みも可能で、誰にも合わずに申し込みを済ませることができます。申し込みが完了次第、モビットの審査を受ける必要があります。キャッシングサービスの審査では、信用情報の確認と在籍確認が行われます。信用情報は特定の会社に問い合わせ確認をしていきます。過去に借金歴や滞納歴がなければ、簡単に通過することができます。在籍確認は勤め先や自宅に電話をかけ、確認をしていきます。第三者が電話に出る必要があるので、そこだけ注意が必要になります。審査に無事に通過することができれば、サービスの利用を開始することができます。
モビットのキャッシングサービスは限度額が高めで、金利が低いのが特徴です。まず限度額ですが、高めに設定することができ、必要な分だけお金を引き出すことができます。は3.0%から18.0%になります。借りた金額によって金利が変化するので、借りる前に計算をしておくと良いです。もし計算できるツールが無いのであれば、公式のホームページにあるシミュレーターを利用すると良いでしょう。借入額と返済期間を入力するだけで、月々の返済額をシミュレーションすることができます。これを利用すれば無理なく返済計画を立てることができます。
モビットからお金を借りるためには、専用のATMもしくはコンビニのATMを利用することになります。専用のATMは開いている時間が決まっていますが、コンビニのATMは24時間対応しています。そのため急にお金が必要になっても、すぐにお金を引き出すことができます。また返済も24時間対応しているため、キャッシングサービスを利用するのであれば、コンビニのATMを頼るのが良いでしょう。モビットは他の消費者金融会社よりもサービスやサポート体制が充実しています。無理なく返済できるプランも用意されているため、生活に合ったお金の利用をすることができます。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る