フリーローンの審査が不安でもこれを抑えておけば安心!

そもそもフリーローンって何?広い意味でのフリーローン

フリーローンとは、もともとは個人向けの無担保・無保証の貸し出しのことをいいます。担保とは、お金を借りるとき万が一返せなかったときのために、融資をする金融会社に提供するものをいいます。住宅ローンを借りるときには、主に住宅や敷地が担保となります。
また、広い意味では、使用目的が原則として自由なローンのことを全般に「フリーローン」といいます。この意味では、カードキャッシングもフリーローンに含まれるのです。担保や保証人が不要で、使用目的も自由だからです。

 

銀行のフリーローンと違う?

もともとのフリーローンの意味とは別に、銀行には「フリーローン」という名称の商品・サービスがあります。
銀行は住宅ローン、車のローン、カードローンなど目的別に様々なローンを取り扱っていますが、そうした銀行のローンの一つとしてカードキャッシングとは別に「フリーローン」というサービスが存在するのです。

 

銀行が提供しているローン商品は、大きく分けて2種類あります。

使用目的が決まっているローン

住宅ローン、教育ローン、車のローンのように、お金の使用目的がはっきりしているローンです。

使用目的が自由なローン

カードローン、フリーローン、多目的ローンがこの種類のローンです。
しかし、各銀行に用意されている「フリーローン」においては、商品ごとに担保が必要なものや、使用目的に一定の制限がされているものもあります。
銀行ごとに内容は異なるため、チェックが必要です。カードローンとフリーローンの最も大きな違いは、フリーローンは例えば50万円の融資を受ける場合には、融資の後は返済しかできないとうことです。
カードローンは50万円が限度額であれば、その枠の中で融資や返済を繰り返すことができるのです。

 

ここからは、
フリーローン:銀行の追加での融資ができない使用目的が決まっていないタイプのローン
カードローン:限度額の中で、追加融資ができるタイプのローン
として話を進めていきます。

 

利便性で選ぶならフリーローンよりもカードキャッシングがおすすめ!

利便性を求める人には、フリーローンよりも消費者金融や銀行のカードキャッシングがおすすめです。
できれば当日中に最短時間で借りたい、1週間後の給料日までに必要な生活費を数万円借りたい面倒な手続きはなるべく避けたい、といった希望がある人も、最短1時間程度で現金融資を受けられて、返済も借入れもATMなどで自由にできるカードキャッシングが合っています。
カードローンは金利が心配という方も、一定期間利息がつかない無利息期間があるカードローンであれば利息を抑えて借りることができます。

利息0円!無利息期間があるカードキャッシングはこちら


また、審査の早さと低金利を両立している銀行カードローンもあり、代表的なのは三井住友銀行カードローンです。
審査がスピーディで、金利も消費者金融の金利に比べてずっと低いのが特徴です。

三井住友銀行カードローンについて詳しく見る

 

銀行のフリーローンが向いているのはどんな人?

融資に時間がかかっても良い
追加で融資を受ける必要が今後ない
まとまった額を借りたい

以上の3つの条件を満たしているなら、「フリーローン」を検討しても良いかもしれません。

 

フリーローンは、審査にもある程度時間を要しますし、借り入れ後に用途を証明する領収書の提出が必要な銀行もあります。
審査に少し時間がかかってもいいから、一度だけまとまったお金をなるべく低金利で借りたいという人にはフリーローンが向いていますが、そうではなく「早く・便利に・手軽に借りたい」「必要なときはまた借りたい」という人にとってはストレスになってしまいます。
フリーローンの場合は、お金を受け取る方法も銀行振り込みだけ、返済方法も決められた日の銀行引き落としのみです。
臨時収入があって追加返済ができるのに、返済手数料が数千円など高額なフリーローンだと、気持ちが萎えてしまいます。
時間をかけて審査に通ったのに追加で借りたいときはまた新たな申し込みが必要となるなど、不便なことが多いのです。
もちろん、そうしたハードルがあるために、新たな借り入れをせずに返済に集中できるというメリットはあります。
ただ、利便性を重視する人にとってはカードキャッシングで借りる方がデメリットがありません。

 

ここからは、
フリーローンと、銀行カードローン、消費者金融カードローンを比較をしていきます。

 

金利・利便性で選ぶなら銀行カードローンがおすすめ

銀行カードローンは
・フリーローンと大きな金利の差はない
・審査が早いものもあり
・限度額の中で、借入、返済が自由

ある程度まとまったお金を借りたいとき、利便性も大事だけれど利息もできるだけ低いところを選びたいという人には、銀行カードローンがおすすめです。
銀行融資は審査に時間がかかる、というイメージを持つ人も少なくありません。しかし、最近は事情が劇的に変わってきているのです。
申込みから融資の現金を受け取るまで消費者金融と同程度のスピードで、即日融資が可能な銀行カードローンも増えています。そして、何といっても金利は消費者金融よりも低くなります。
フリーローンと比べると若干金利は上がる傾向にはありますが、それでもさほど変わりはありません。

 

銀行融資といえども、Web申込により来店や郵送不要で全ての手続きを完結できる銀行カードローンも多いので、会社の昼休みにスマートフォンから申込を済ませることも可能です。
希望限度額が200~300万円以下であれば、収入証明書も不要で、運転免許証などの本人書類をスマートフォンなどで撮影した画像を送るだけです。書類をたくさん用意して、銀行窓口に出かけて申込みをしなければいけないという、かつての銀行融資のイメージを持っている人は銀行カードローンの手軽さに一様に驚きます。低金利に加えて、銀行から借りているという安心感もあります。消費者金融やクレジットカード会社・信販会社とちがって、銀行は総量規制対象外です。つまり年収の3分の1を超える金額も、低金利で借りることができるのです。

銀行カードローンの特徴について詳しく見る

 

専業主婦の方も銀行カードローンなら一部申込可能

フリーローンは専業主婦の申し込みができない

パートなどもしておらず、安定した収入のない専業主婦の方は、銀行のフリーローンの申込み条件は満たしていないことが多いです。
そのため、申込をしても審査には通りません。ですが、一部の銀行カードローンであれば専業主婦の方でも審査を受けることができます。

 

イオン銀行は、フリーローン「イオンアシストプラン」においては「無職の専業主婦は利用不可」となっていますが、イオン銀行カードローンであれば申し込みが可能です。ご主人に安定した収入のある専業主婦の方であれば、限度額50万円まで申し込みが可能となっています。
配偶者の収入のみで自身に安定した収入のない専業主婦は、消費者金融や信販系カードローンでは、総量規制という法律の定めによってお金を借りることができないのです。その一方で、銀行は総量規制の定めのある貸金業法ではなく、銀行法の管轄なので、専業主婦への融資の制限設けないのです。そのため、銀行独自の判断で専業主婦の方にも融資ができるのです。

 

女性専用の新生銀行カードローン「レディーズレイク」もおすすめです。「安定した収入があれば主婦OK」と、新生銀行の公表Webサイトには書かれているので、「専業主婦だと借りられないのでは?」と不安があるかもしれません。そこで、実際にレディースレイクのフリーダイヤルに電話をして聞いてみました(2016年7月6日)。結果は、「専業主婦の方でも大丈夫ですよ~たくさん借りられている専業主婦の方、いらっしゃいます。」とのことでした。電話対応もすべて女性スタッフで、質問への回答も親切で丁寧な印象でした。
さらに、地方銀行のため全国的には知名度は低いかもしれませんが、スルガ銀行カードローンも専業主婦の方でも審査を受け付けています。
配偶者に安定した収入が必要ですが、審査が早く、低金利の銀行カードローンの利用が可能です。地方銀行ですが、全国からのウェブ申込みができます。

→スルガ銀行カードローンについて詳しくはこちら

 

消費者金融ならフリーローンよりも融資が早い!

消費者金融は
・フリーローンよりも審査がスピーディ
・金利はフリーローンが有利
・無利息期間で利息0円も可能
・事前診断で審査の不安を解消

フリーローンは一度だけのまとまった融資なので、審査はスピーディーというわけにはいきません。審査スピードよりも、低金利で銀行から借りることを優先する人向けのローンといえます。早くお金を借りたいという人には、消費者金融のカードローンが最もスピーディーで、おすすめです。銀行が個人向けの少額融資サービスに力を入れ始めたのはここ数年のことですので、キャッシングの営業年数としては消費者金融に及びません。大手消費者金融には、長年蓄積されたサービスノウハウがあります。消費者金融は、過去の膨大な審査データを元に、コンピューターによるスコアリングをフル活用して審査を行います。申込書の内容を入力すると自動的にスコア化されて、その合計があらかじめ決められた審査基準を上回っていれば審査が通る仕組みになっているところもあるようです。このように、コンピューターにより自動的にスコアリング審査が行われるため、スピーディーな審査が可能なのです。

 

自分でも審査に通る?と心配な人は、数秒で結果がわかる借入診断を受けると良いでしょう。プロミスの場合、生年月日、年収、現在の他社借入金額の3項目、アコムの場合は年齢、性別、独身既婚、他社借入件数と金額の4項目を入力するだけです。モビットの場合は、仮審査段階で氏名から生年月日、勤務先情報など本審査同様の項目を記載しますが、その分正確な診断が可能です。仮審査が通れば、本審査の手続きはスムーズです。

審査の事前診断可能なおすすめカードローン一覧

 

消費者金融は、審査後の対応も非常に早く無駄がありません。すぐにメールや電話など申込者が希望する方法で結果を連絡してくれますし、説明も明瞭でわかりやすいので早く済みます。
自動契約機は全国に設置されていますが、わざわざ出向かなくても指定口座に即座に振り込みで融資をしてもらうことも可能です。
大手消費者金融の多くが、初回融資30日無利息といったサービスを提供しています。ボーナスまでの日数を計算してこうした無利息サービスを賢く利用する知恵がある人は、有利に消費者金融を活用して返済額を減らしています。
「急いでお金を借りたい!」という人には、フリーローンではなく、申込から現金受取りまで最も早くサービス豊富な消費者金融のカードローンをおすすめします。

無利息期間があるおすすめカードローンはこちら

 

審査が早いプロミス

プロミスのメリットはまず、Web申込なら最短1時間で融資が受けられることです。初回30日間利息ゼロのサービスだけでなく、プロミスポイントサービスでポイントを貯めると何度でも7~30日間の無利息期間をもらえるうれしいサービスもあります。
上限金利が17.8%と、消費者金融業界では他社よりも少し低金利で融資を受けられることも特徴です。

プロミスについて詳しく見る

審査が早いモビット

モビットのメリットは、大手銀行カードローンよりも最低金利が低いことです。金利3.0%というのは、消費者金融業界では破格の低金利です。限度額も800万円と、大手銀行カードローンやフリーローンに引けを取りません。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っているなどの条件を満たせば、電話も郵便物も一切ナシで、審査時間は最短30分※とスピーディーに融資を受けることもできます。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いになる場合があります。

モビットについて詳しく見る

 

フリーローンの審査は厳しい?銀行カードローンと比較しました!

フリーローンの申込条件

全ての銀行に共通するフリーローンの申込み条件は、「日本国内在住であること」です。外国籍であっても、永住許可を受けて申込時点で日本に在住していれば、申込み可能な銀行もあります(イオン銀行など)。申込時の最低年齢の条件は、どの銀行でも同じで「満20歳以上」です。上限年齢については銀行によって異なりますが、「満60~65歳未満」という制限が多いです。申込銀行の普通預金口座を保持していることが条件のフリーローン(イオン銀行)と、口座不要で申込みができる銀行(三井住友銀行・りそな銀行)があります。ただし、フリーローンの融資は自社銀行であることが多く、りそな銀行の場合は審査結果の連絡の後に口座開設が必要です。前年の年収に条件を設けている銀行もあります。りそな銀行のりそなプレミアムフリーローンの場合は、固定金利年6.0%または5.7%と、非常に低金利なので収入面の条件も厳しく「前年の年収が400万円以上で、継続安定した収入がある人」のみを対象としています。パート・アルバイトでも申込可能ですが、現実問題として年収400万円でバイトということは難しいでしょう。融資上限が300万円の三井住友銀行では、前年度税込年収が200万円以上で現在安定した収入のある人が申込可能です。年金収入のみの人は利用不可とする独自規制も設けています。
地方銀行や地方信用金庫の場合は、「住居地または勤め先が営業区域内にあること」という申込条件が付くことがあります。千葉銀行のちばぎんカードローンの場合、インターネット支店での取引の場合は千葉・東京・茨城・埼玉の全域と神奈川県は横浜市と川崎市が利用可能エリア、本支店での取引の場合はさらに範囲が狭まります。ただ、すべての地銀に営業区域の指定があるわけではなく、たとえば静岡銀行カードローン「セレカ」は全国から申込みが可能です。
フリーローンで借りた資金の使いみち(使用目的)に関しては、原則自由とはいえ、銀行によって独自の条件を設けています。たとえば三井住友銀行の場合、事業性資金、投機性資金、個人間の売買契約、一括で支払えない家賃や生活資金等、借換え資金、その他見積書や契約書で確認できない資金のための申込はできないとされています。りそな銀行の場合は、事業性資金と資金使途を確認できない場合は申込不可としています。イオン銀行は、事業性資金を除いて原則自由としています。フリーローンは、銀行によって使用目的に関する制限はかなりちがうため、申込み前に必ず確認が必要です。

 

フリーローンの審査に通るための年収

フリーローンの審査において、年収も重要です。ただ、年収の額よりも収入の安定性がより重視されます。前年度の年収が1千万円でも、月によっては収入がゼロになるような職業の人であれば、年収400万円に満たない公務員職の人の方が返済能力が高いとみなされる可能性もあります。低金利で高額融資をしてくれる銀行ほど、年収の審査は厳しくなります。金利年6.0%若しくは5.7%のりそな銀行プレミアムフリーローンでは、前年の年収が400万円以上であることが条件です。年収400万円以上と明記されていることは、無担保のフリーローンでは珍しく、年収額のハードルはカードローン以上に高いといえます。三井住友銀行のフリーローンの年収条件は、前年度の税込年収が200万円以上であることです。年収基準を明確にしていない銀行も多いですが、年収200万円以上が標準基準、年収400万円超であればどのフリーローンでも概ね大丈夫でしょう。

 

フリーローンの勤務先確認の方法

在籍確認とは、申込書に記載された勤め先に、申込者が実際に在籍しているかを確認するために行われます。一般的なフリーローンの審査における在籍確認は、一次審査の後に行われます。一次審査通過の電話連絡の際、勤務先への在籍確認の電話で銀行名を出してもよいか聞かれることが多いです。銀行は融資だけでなく、口座開設や保険といった様々な用事で一般の人もやりとりが発生するものなので、銀行名を出しても問題ない場合が多いです。ただ、それでも職場に銀行からの電話だと伝えてほしくない場合は、担当者が個人名で勤務先に電話をかけて行われます。どうしても個人名で電話をかけてほしいときは、あらかじめ自分から銀行に伝えておくと安心です。
電話口で告げられることとしては、通常は申込者に電話をつなげてほしいということのみです。電話の目的を銀行から伝えることはありませんし、会社から聞かれたとしても「私用です」という程度しか返答しません。要件をしつこく聞かれても答えることはないので、電話に出た会社の人にフリーローンの申込みをしたことがばれてしまうかもという心配はしなくてもいいでしょう。個人情報保護の観点から、銀行はその辺りの配慮は徹底しています。電話があったときに申込者が不在の場合は、「またあらためます」と言って電話は終わります。伝言を残されることはありません。会社に申込者が在籍しているようだということさえわかれば、その後電話が再びかかってくることも通常ありません。
銀行からの電話ではバレなくても、動揺した様子を社内で見せると、その態度から察しがついてしまう人もいますのでその点だけ注意すれば大丈夫です。また、在籍確認の電話で勘が働く鋭い人というのは、その人もまた融資経験者であることが多いのです。

 

銀行カードローンの申し込み条件

銀行カードローンの申込み条件は、フリーローンと比べるとだいぶ緩和されます。年齢に関しては同じで、どの銀行でも最低年齢は共通して「満20歳以上」です。上限年齢は、銀行によっても異なりますが、概ね「満60~69歳未満」となっています。住宅ローンのように、「20歳以上完済時満80歳の誕生日まで」といった、完済時の年齢上限はありません。この理由は、銀行カードローンは持続的に、限度額の枠内であれば何度でも借入れが可能なため、住宅ローンのように返済期間が定まらないためです。カード利用中に上限年齢に達すると、新たな借り入れはできなくなり、返済のみとなります。
「日本国内在住」であることも、いずれの銀行カードローンにおいても共通した申込条件です。外国籍の人でも、永住許可を受けて日本に住んでいれば、申込みが可能です。
フリーローンと同様に、地方銀行などは指定の営業区域内に居住や勤務している人しか、申込対象とならないことがあります。メガバンクを含む、全国に支店がある銀行であればこのような区域指定はありません。全国どこからでも、銀行カードローンに申込むことができます。
カードローン融資の使用目的については、事業性資金を除いて原則自由です。フリーローンのように、領収書などを後から提出するといった規定や、一括で購入できるものに限定されるということは一切ありません。銀行カードローンは、生活費の補てんやおまとめローンなど、自由に活用することができます。

 

銀行カードローンの審査に通るための年収

収入面については、「安定した収入があること」が各社共通の原則条件です。ただ、本人に収入がなくても配偶者に安定収入があれば一定額以下の限度額で融資を行っている銀行は多数あります。大手銀行カードローンで最低いくら以上という年収額の条件をつけているところはありません。年収400万円以上であれば安心で、高限度額も期待できます。年収200万円未満となると若干厳しくなりますが、継続的に安定した収入があることを証明でき、かつ初回限度額で高望みをしなければ審査に通過することも可能です。収入の安定性については、職業や所属する会社の規模や実績、勤続年数などから総合的に判断されます。利用・返済実績を積むことで、限度額の増額申請も通りやすくなります。

 

銀行カードローンの勤務先確認の方法

在籍確認とは、銀行カードローンの申込み内容に記載された勤務先に、本当に勤めているのかを確かめるために行われます。在籍確認は、審査において必須です。カードローンの在職確認は、通常は会社への電話で行われます。一次審査通過の連絡時に、在籍確認の電話で銀行名を伝えてもよいか確認されることが多いです。消費者金融であれば、在籍確認は必ず個人名になりますが、銀行であれば融資だけでなく口座開設や保険といった商品もあるので、融資と直結されないからです。楽天銀行のカードローンの在籍確認においては、個人名で電話をかけてくれますが、会社名を問われたときには楽天銀行の○○です、と返答することをあらかじめ公にしています。

 

銀行名を会社に伝えないでほしいという要望をしておけば、担当者が個人の苗字で、申込者宛に電話をかけてくれる銀行はほとんどです。次のように、尋ねられることが多いです。
「もしもし、高橋と申しますが、鈴木さんはいらっしゃいますか。」
申込者がその会社に確かに在籍していることが確認できれば問題ないので、不在であっても「本日は欠勤しております」「席を外しております」といった応対があれば、在籍確認は完了します。再び電話がかかってきたり、伝言を社員に託されたりすることはありません。本人が社内にいて、電話を回された場合は、通常はフルネームを確認されるだけで終了します。「はい、そうです。」「失礼します」この程度の返答で、電話を切ることができます。銀行は個人情報保護については徹底しているので、在籍確認によってカードローンの申込みをしたことが会社にバレるといった心配は不要です。
また、どうしても電話は困るという場合は、審査通過の連絡があった際に相談する方法もあります。会社名が入った保険証や会社名が記載された直近数ヶ月分の給与明細書などで在籍確認をしてくれる銀行もあります。
少人数の会社だから、職場に電話で在籍確認をされるのはやはり困る、かといって、給与明細などもすぐに入手できないから避けたい・・・といった場合に、最後の奥の手の必勝法があります。会社に誰もいなくなるまで残業したり、土日に一人で自由に出勤すること可能な状況であれば、土日も常に夜21時まで在籍確認を含む審査対応をしていれば自身で在籍確認の電話を受けることができます。
誰もいないオフィスからスマートフォンなどで申込み、スムーズにいけば1時間以内に在籍確認の電話がありますから、自分でその電話を取ればよいのです。自営業の人などは、そもそもこの在籍確認しかできませんので、本人が電話を取っても全く問題ありません。

土日の審査・申込について詳しくはこちら

 

フリーローンの審査に関する気になる疑問

住宅ローンを契約しているとフリーローンの審査は厳しいですか?

住宅ローンを契約しているとフリーローンの審査で不利になるということは、基本的にありません。住宅ローンの毎月の支払いを一度も延滞や滞納したことなく、きちんと支払っているのであれば、その実績はむしろ審査においてプラスに評価されます。住宅ローンを組めるという時点で、安定した収入があることの何よりの証明になりますし、月々の支払に滞りがないことで信頼性が上積みされます。自社銀行の住宅ローンを利用している人に対しては、フリーローンの借入利率(金利)を下げることを明確にしている銀行もあります。三井住友銀行のフリーローンは、自社銀行の住宅ローンを利用中で、過去に返済の遅延がない人については通常の借入利率よりも年3%下げることを、商品概要に明記しています(諸条件あり)。
住宅ローンに限らず、金融機関からの借入れの返済が3ヶ月以上遅れるなどのトラブルが過去5年以内にあった場合は、銀行融資の審査は通らなくなります。

 

フリーローンは総量規制の対象になりますか?

銀行によるフリーローンは、総量規制の対象にはなりません。総量規制は、消費者金融や信販会社といった貸金業者からの借入れを対象としているからです。銀行による貸付けは、フリーローンに限らずすべて総量規制の対象外です。総量規制が定められている貸金業法は、銀行には適用されません。銀行は、銀行法に基づいて運営されていて、管轄の法律が全く別になるのです。
つまり、フリーローンを含む銀行からの借入れを合わせた結果、借金の総額が年収の3分の1を超えたとしても、総量規制の問題にはなりません。消費者金融などに申込む際は、他社からの借入状況の項目には銀行から受けている融資額も正確に記入する必要がありますが(個人信用情報の照会は信用機関に対して必ずされるので、虚偽申告をしてもすぐにわかります)、銀行からいくら融資を受けていても、貸金業者からの融資が初めてであれば、年収の3分の1までは消費者記入から法律上は借り入れができるのです。
年収300万円の人が、消費者金融から90万円の借入れをしているときには、新たに別の消費者金融に申込をしても、審査が通ったとしても10万円の融資しか受けることができません。しかし、同じ年収300万円でも銀行から50万円借入時は、総量規制に全く影響を及ぼさないため、新たに消費者金融から100万円までの融資が認められる可能性があるのです。

総量規制について詳しくはこちら(日本貸金業協会ホームページ)

 

フリーローンとカードローン・キャッシングとの違いは?

フリーローンとカードローン、キャッシングは、どれも基本的には同じ「無担保・無保証人・使用目的自由(事業資金など一部の例外を除く)」なお金の借り方です。まず簡単に説明すると、フリーローンには銀行と信販会社の2社の商品があります。カードローンは、消費者金融、信販会社、銀行のそれぞれが扱っています。キャッシングとは広義の意味では、金融機関が個人に対してATMを通して行う少額融資のことですが、金融業界ではクレジットカードに付随した、無担保・無保証の現金貸し出しサービスを指すことが多いです。これら3つの違いを明確にするために、金利・限度額・審査・返済方法・借入れ可能な回数を比較しながら、解説していきます。

 

[金利]
まず、金利はどうでしょうか。金利はキャッシング→カードローン→フリーローンの順に低くなる傾向にあります。キャッシングは、クレジットカードのショッピング機能に付随した、いわばサブ的機能です。現金を借りることをメインの目的として申込む人が少ないため、金利は法定利率の上限が適用されていることが多いです。100万円未満の場合は18.0%、100万円以上で15.0%が多いです。ただ、キャッシング枠が100万円を超える人というのは、相当長く同じカードを使っている人が多いです。カードローンは、金利が高い方から、消費者金融、信販会社、銀行のカードローンとなります。消費者金融はキャッシング同様に、法定利息の上限を適用するところも多いですが、大手消費者金融プロミスは上限金利を17.8%に設定しています。また、最低金利は銀行カードローンと同程度に低く設定している消費者金融も多いです。フリーローンは、キャッシングやカードローンのように一度審査に通れば何度でも限度額まで自由に借り入れができるというものではありません。審査の後の融資は、1回のみです。無期限の継続的な融資ではないので、貸し倒れのリスクが低くなり、より低金利の設定が可能となるのです。イオン銀行のカードローンとフリーローンの金利を比べると、次のようになります。
イオン銀行カードローン・・・年3.8%~年13.5%
イオン銀行フリーローン・・・年3.8%~年13.8%
銀行カードローン自体も低金利なので、そこまで大きくフリーローンだと得をする、ということでもないのです。
金利には、固定金利と変動金利があります。長期的に利用する場合には、利息に影響を及ぼすこともあるので、違いを理解しておきましょう。固定金利とは、金融情勢の影響を受けず、契約時の金利で基本的に利用し続けるものです。金利が将来的に上がるリスクはないものの、固定金利が適用される商品は消費者金融のものが多く、もともと法定利息の上限であるケースも多いです。変動利息とは、金融情勢によって金利が高くなることも低くなることもあるものです。銀行カードローンやフリーローンなど、金利がもともと低く設定されている商品は、変動金利型のものが多いです。

 

[限度額]
融資の限度額については、全体的な傾向としては限度額が低い順から、キャッシング→カードローン・フリーローンとなります。金融機関によってもだいぶ異なりますが、銀行カードローン同様に高額設定がされているフリーローンが多いです。信販会社オリックス・クレジット株式会社のフリーローンは800万円、イオン銀行のフリーローンは700万円、三井住友銀行のフリーローン(無担保型)は300万円まで借りられる可能性があります。カードローンの中では、銀行カードローンと信販会社のカードローンの限度額が800万円、1000万円など高額の商品が目立ちます。ただ、大手消費者金融の限度額もわりと高額設定がされていて、プロミスは500万円、アコムは800万円など、地方銀行よりも高額な限度額を設定しているところもあります。

 

[審査]
限度額まで何度でも自由に借り入れができるキャッシングやカードローンと比較して、フリーローンの審査の方が通りやすいといえます。融資は初回だけで、あとは返済のみというフリーローンは、キャッシングやカードローンよりも貸し倒れのリスクが低いと考えられています。そのため、金利は低く抑えられ、審査のハードルも低くなっているのです。ただ、希望する融資額が高額の場合には、当然ながらフリーローンでも審査は難しくなります。

 

[返済方法]
フリーローンの返済方法は、毎月決まった日に銀行から自動引き落としになります。増額返済や臨時返済については、半年ごとと規定があったり、数千円の手数料がかかるなど、手軽に行うことは難しくなっています。キャッシングやカードローンの場合は、ATMやネットバンキング、振込や店頭窓口払いなど、返済方法は多岐に渡ります。また、臨時返済も手数料無料で月に何度でも出来ることが多いです。口座引き落としのみに限定すると、銀行としては回収リスクが低くなることに加えて、銀行側の手間がかからないというメリットがあります。フリーローンは低金利な分、サービスはカードローンほど充実していないのです。
[借入方法]借入方法は、カードローンが最も利便性が高いです。必要なときに自由に現金の借入れができることが目的のカードなので、手数料無料でATMから好きな時間に借りられたり、ネット申込をしてすぐに指定口座に現金が振り込まれるサービスなど、便利で多彩な借入方法が用意されています。キャッシングは、ATMからクレジットカードを使って必要な現金融資を受けられます。フリーローンの融資を受ける方法は、あらかじめ指定した日に指定銀行口座への振り込み入金となります。銀行によっては、融資後にあらかじめ銀行に告げていた使いみちに使用したことがわかる領収書などの書類の提出を求められるところもあります(三井住友銀行のフリーローンなど)。

 

[借入可能な回数]
フリーローンは、1回だけの融資で必要な金額を借りるサービスです。対してキャッシングとカードローンは、借入額の枠が与えられるため、枠内の金額に残金があれば何回でも自由に借りることができます。借りて、完済して、ということを繰り返すことで、銀行から「責任をもって返済する人」と評価が上がるため、同じキャッシングやカードローンを使い続けると基本的に限度額が増えていきます。一度審査に通ってカードを作れば、滞納などをしない限り半永久的にカードを使用できるため、キャッシング付クレジットカードやカードローンは人気があるのです。フリーローンの場合は、はじめに必要な金額を一括で借りて、その後は決められた回数の返済をしていくだけなので、一度だけお金を借りて以後は借りないと決めている人にとっては、金利も低くメリットがあります。自動車購入や海外旅行といった1度にまとまったお金が必要なときや、複数社から借り入れがあるときのおまとめローンとして、低金利のフリーローンは人気です。ただ、おまとめローンとしては使えないフリーローンもあるので、注意が必要です。

そもそもフリーローンって何?広い意味でのフリーローン

フリーローンとは、もともとは個人向けの無担保・無保証の貸し出しのことをいいます。担保とは、お金を借りるとき万が一返せなかったときのために、融資をする金融会社に提供するものをいいます。住宅ローンを借りるときには、主に住宅や敷地が担保となります。
また、広い意味では、使用目的が原則として自由なローンのことを全般に「フリーローン」といいます。この意味では、カードキャッシングもフリーローンに含まれるのです。担保や保証人が不要で、使用目的も自由だからです。

 

銀行のフリーローンと違う?

もともとのフリーローンの意味とは別に、銀行には「フリーローン」という名称の商品・サービスがあります。
銀行は住宅ローン、車のローン、カードローンなど目的別に様々なローンを取り扱っていますが、そうした銀行のローンの一つとしてカードキャッシングとは別に「フリーローン」というサービスが存在するのです。

 

銀行が提供しているローン商品は、大きく分けて2種類あります。

使用目的が決まっているローン

住宅ローン、教育ローン、車のローンのように、お金の使用目的がはっきりしているローンです。

使用目的が自由なローン

カードローン、フリーローン、多目的ローンがこの種類のローンです。
しかし、各銀行に用意されている「フリーローン」においては、商品ごとに担保が必要なものや、使用目的に一定の制限がされているものもあります。
銀行ごとに内容は異なるため、チェックが必要です。カードローンとフリーローンの最も大きな違いは、フリーローンは例えば50万円の融資を受ける場合には、融資の後は返済しかできないとうことです。
カードローンは50万円が限度額であれば、その枠の中で融資や返済を繰り返すことができるのです。

 

ここからは、
フリーローン:銀行の追加での融資ができない使用目的が決まっていないタイプのローン
カードローン:限度額の中で、追加融資ができるタイプのローン
として話を進めていきます。

 

利便性で選ぶならフリーローンよりもカードキャッシングがおすすめ!

利便性を求める人には、フリーローンよりも消費者金融や銀行のカードキャッシングがおすすめです。
できれば当日中に最短時間で借りたい、1週間後の給料日までに必要な生活費を数万円借りたい面倒な手続きはなるべく避けたい、といった希望がある人も、最短1時間程度で現金融資を受けられて、返済も借入れもATMなどで自由にできるカードキャッシングが合っています。
カードローンは金利が心配という方も、一定期間利息がつかない無利息期間があるカードローンであれば利息を抑えて借りることができます。

利息0円!無利息期間があるカードキャッシングはこちら


また、審査の早さと低金利を両立している銀行カードローンもあり、代表的なのは三井住友銀行カードローンです。
審査がスピーディで、金利も消費者金融の金利に比べてずっと低いのが特徴です。

三井住友銀行カードローンについて詳しく見る

 

銀行のフリーローンが向いているのはどんな人?

融資に時間がかかっても良い
追加で融資を受ける必要が今後ない
まとまった額を借りたい

以上の3つの条件を満たしているなら、「フリーローン」を検討しても良いかもしれません。

 

フリーローンは、審査にもある程度時間を要しますし、借り入れ後に用途を証明する領収書の提出が必要な銀行もあります。
審査に少し時間がかかってもいいから、一度だけまとまったお金をなるべく低金利で借りたいという人にはフリーローンが向いていますが、そうではなく「早く・便利に・手軽に借りたい」「必要なときはまた借りたい」という人にとってはストレスになってしまいます。
フリーローンの場合は、お金を受け取る方法も銀行振り込みだけ、返済方法も決められた日の銀行引き落としのみです。
臨時収入があって追加返済ができるのに、返済手数料が数千円など高額なフリーローンだと、気持ちが萎えてしまいます。
時間をかけて審査に通ったのに追加で借りたいときはまた新たな申し込みが必要となるなど、不便なことが多いのです。
もちろん、そうしたハードルがあるために、新たな借り入れをせずに返済に集中できるというメリットはあります。
ただ、利便性を重視する人にとってはカードキャッシングで借りる方がデメリットがありません。

 

ここからは、
フリーローンと、銀行カードローン、消費者金融カードローンを比較をしていきます。

 

金利・利便性で選ぶなら銀行カードローンがおすすめ

銀行カードローンは
・フリーローンと大きな金利の差はない
・審査が早いものもあり
・限度額の中で、借入、返済が自由

ある程度まとまったお金を借りたいとき、利便性も大事だけれど利息もできるだけ低いところを選びたいという人には、銀行カードローンがおすすめです。
銀行融資は審査に時間がかかる、というイメージを持つ人も少なくありません。しかし、最近は事情が劇的に変わってきているのです。
申込みから融資の現金を受け取るまで消費者金融と同程度のスピードで、即日融資が可能な銀行カードローンも増えています。そして、何といっても金利は消費者金融よりも低くなります。
フリーローンと比べると若干金利は上がる傾向にはありますが、それでもさほど変わりはありません。

 

銀行融資といえども、Web申込により来店や郵送不要で全ての手続きを完結できる銀行カードローンも多いので、会社の昼休みにスマートフォンから申込を済ませることも可能です。
希望限度額が200~300万円以下であれば、収入証明書も不要で、運転免許証などの本人書類をスマートフォンなどで撮影した画像を送るだけです。書類をたくさん用意して、銀行窓口に出かけて申込みをしなければいけないという、かつての銀行融資のイメージを持っている人は銀行カードローンの手軽さに一様に驚きます。低金利に加えて、銀行から借りているという安心感もあります。消費者金融やクレジットカード会社・信販会社とちがって、銀行は総量規制対象外です。つまり年収の3分の1を超える金額も、低金利で借りることができるのです。

銀行カードローンの特徴について詳しく見る

 

専業主婦の方も銀行カードローンなら一部申込可能

フリーローンは専業主婦の申し込みができない

パートなどもしておらず、安定した収入のない専業主婦の方は、銀行のフリーローンの申込み条件は満たしていないことが多いです。
そのため、申込をしても審査には通りません。ですが、一部の銀行カードローンであれば専業主婦の方でも審査を受けることができます。

 

イオン銀行は、フリーローン「イオンアシストプラン」においては「無職の専業主婦は利用不可」となっていますが、イオン銀行カードローンであれば申し込みが可能です。ご主人に安定した収入のある専業主婦の方であれば、限度額50万円まで申し込みが可能となっています。
配偶者の収入のみで自身に安定した収入のない専業主婦は、消費者金融や信販系カードローンでは、総量規制という法律の定めによってお金を借りることができないのです。その一方で、銀行は総量規制の定めのある貸金業法ではなく、銀行法の管轄なので、専業主婦への融資の制限設けないのです。そのため、銀行独自の判断で専業主婦の方にも融資ができるのです。

 

女性専用の新生銀行カードローン「レディーズレイク」もおすすめです。「安定した収入があれば主婦OK」と、新生銀行の公表Webサイトには書かれています。
それでも本当に借りれるのかなと思い、実際にレディースレイクのフリーダイヤルに電話をして聞いてみました(2016年7月6日)。
結果は、「大丈夫ですよ~たくさん借りられている方、いらっしゃいます。」とのことでした。電話対応もすべて女性スタッフで、質問への回答も親切で丁寧な印象でした。

 

スルガ銀行カードローンは専業主婦もOK!

地方銀行のため全国的には知名度は低いかもしれませんが、スルガ銀行カードローンも専業主婦の方でも審査を受け付けています。
配偶者に安定した収入が必要ですが、審査が早く、低金利の銀行カードローンの利用が可能です。地方銀行ですが、全国からのウェブ申込みができます。

→スルガ銀行カードローンについて詳しくはこちら

 

消費者金融ならフリーローンよりも融資が早い!

消費者金融は
・フリーローンよりも審査がスピーディ
・金利はフリーローンが有利
・無利息期間で利息0円も可能
・事前診断で審査の不安を解消

フリーローンは一度だけのまとまった融資なので、審査はスピーディーというわけにはいきません。審査スピードよりも、低金利で銀行から借りることを優先する人向けのローンといえます。早くお金を借りたいという人には、消費者金融のカードローンが最もスピーディーで、おすすめです。銀行が個人向けの少額融資サービスに力を入れ始めたのはここ数年のことですので、キャッシングの営業年数としては消費者金融に及びません。大手消費者金融には、長年蓄積されたサービスノウハウがあります。消費者金融は、過去の膨大な審査データを元に、コンピューターによるスコアリングをフル活用して審査を行います。申込書の内容を入力すると自動的にスコア化されて、その合計があらかじめ決められた審査基準を上回っていれば審査が通る仕組みになっているところもあるようです。このように、コンピューターにより自動的にスコアリング審査が行われるため、スピーディーな審査が可能なのです。

 

自分でも審査に通る?と心配な人は、数秒で結果がわかる借入診断を受けると良いでしょう。プロミスの場合、生年月日、年収、現在の他社借入金額の3項目、アコムの場合は年齢、性別、独身既婚、他社借入件数と金額の4項目を入力するだけです。モビットの場合は、仮審査段階で氏名から生年月日、勤務先情報など本審査同様の項目を記載しますが、その分正確な診断が可能です。仮審査が通れば、本審査の手続きはスムーズです。

審査の事前診断可能なおすすめカードローン一覧

 

消費者金融は、審査後の対応も非常に早く無駄がありません。すぐにメールや電話など申込者が希望する方法で結果を連絡してくれますし、説明も明瞭でわかりやすいので早く済みます。
自動契約機は全国に設置されていますが、わざわざ出向かなくても指定口座に即座に振り込みで融資をしてもらうことも可能です。
大手消費者金融の多くが、初回融資30日無利息といったサービスを提供しています。ボーナスまでの日数を計算してこうした無利息サービスを賢く利用する知恵がある人は、有利に消費者金融を活用して返済額を減らしています。
「急いでお金を借りたい!」という人には、フリーローンではなく、申込から現金受取りまで最も早くサービス豊富な消費者金融のカードローンをおすすめします。

無利息期間があるおすすめカードローンはこちら

 

審査が早いプロミス

プロミスのメリットはまず、Web申込なら最短1時間で融資が受けられることです。初回30日間利息ゼロのサービスだけでなく、プロミスポイントサービスでポイントを貯めると何度でも7~30日間の無利息期間をもらえるうれしいサービスもあります。
上限金利が17.8%と、消費者金融業界では他社よりも少し低金利で融資を受けられることも特徴です。

プロミスについて詳しく見る

審査が早いモビット

モビットのメリットは、大手銀行カードローンよりも最低金利が低いことです。金利3.0%というのは、消費者金融業界では破格の低金利です。限度額も800万円と、大手銀行カードローンやフリーローンに引けを取りません。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っているなどの条件を満たせば、電話も郵便物も一切ナシで、審査時間は最短30分※とスピーディーに融資を受けることもできます。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いになる場合があります。

モビットについて詳しく見る

 

フリーローンの審査は厳しい?銀行カードローンと比較しました!

フリーローンの申込条件

全ての銀行に共通するフリーローンの申込み条件は、「日本国内在住であること」です。外国籍であっても、永住許可を受けて申込時点で日本に在住していれば、申込み可能な銀行もあります(イオン銀行など)。申込時の最低年齢の条件は、どの銀行でも同じで「満20歳以上」です。上限年齢については銀行によって異なりますが、「満60~65歳未満」という制限が多いです。申込銀行の普通預金口座を保持していることが条件のフリーローン(イオン銀行)と、口座不要で申込みができる銀行(三井住友銀行・りそな銀行)があります。ただし、フリーローンの融資は自社銀行であることが多く、りそな銀行の場合は審査結果の連絡の後に口座開設が必要です。前年の年収に条件を設けている銀行もあります。りそな銀行のりそなプレミアムフリーローンの場合は、固定金利年6.0%または5.7%と、非常に低金利なので収入面の条件も厳しく「前年の年収が400万円以上で、継続安定した収入がある人」のみを対象としています。パート・アルバイトでも申込可能ですが、現実問題として年収400万円でバイトということは難しいでしょう。融資上限が300万円の三井住友銀行では、前年度税込年収が200万円以上で現在安定した収入のある人が申込可能です。年金収入のみの人は利用不可とする独自規制も設けています。
地方銀行や地方信用金庫の場合は、「住居地または勤め先が営業区域内にあること」という申込条件が付くことがあります。千葉銀行のちばぎんカードローンの場合、インターネット支店での取引の場合は千葉・東京・茨城・埼玉の全域と神奈川県は横浜市と川崎市が利用可能エリア、本支店での取引の場合はさらに範囲が狭まります。ただ、すべての地銀に営業区域の指定があるわけではなく、たとえば静岡銀行カードローン「セレカ」は全国から申込みが可能です。
フリーローンで借りた資金の使いみち(使用目的)に関しては、原則自由とはいえ、銀行によって独自の条件を設けています。たとえば三井住友銀行の場合、事業性資金、投機性資金、個人間の売買契約、一括で支払えない家賃や生活資金等、借換え資金、その他見積書や契約書で確認できない資金のための申込はできないとされています。りそな銀行の場合は、事業性資金と資金使途を確認できない場合は申込不可としています。イオン銀行は、事業性資金を除いて原則自由としています。フリーローンは、銀行によって使用目的に関する制限はかなりちがうため、申込み前に必ず確認が必要です。

 

フリーローンの審査に通るための年収

フリーローンの審査において、年収も重要です。ただ、年収の額よりも収入の安定性がより重視されます。前年度の年収が1千万円でも、月によっては収入がゼロになるような職業の人であれば、年収400万円に満たない公務員職の人の方が返済能力が高いとみなされる可能性もあります。低金利で高額融資をしてくれる銀行ほど、年収の審査は厳しくなります。金利年6.0%若しくは5.7%のりそな銀行プレミアムフリーローンでは、前年の年収が400万円以上であることが条件です。年収400万円以上と明記されていることは、無担保のフリーローンでは珍しく、年収額のハードルはカードローン以上に高いといえます。三井住友銀行のフリーローンの年収条件は、前年度の税込年収が200万円以上であることです。年収基準を明確にしていない銀行も多いですが、年収200万円以上が標準基準、年収400万円超であればどのフリーローンでも概ね大丈夫でしょう。

 

フリーローンの勤務先確認の方法

在籍確認とは、申込書に記載された勤め先に、申込者が実際に在籍しているかを確認するために行われます。一般的なフリーローンの審査における在籍確認は、一次審査の後に行われます。一次審査通過の電話連絡の際、勤務先への在籍確認の電話で銀行名を出してもよいか聞かれることが多いです。銀行は融資だけでなく、口座開設や保険といった様々な用事で一般の人もやりとりが発生するものなので、銀行名を出しても問題ない場合が多いです。ただ、それでも職場に銀行からの電話だと伝えてほしくない場合は、担当者が個人名で勤務先に電話をかけて行われます。どうしても個人名で電話をかけてほしいときは、あらかじめ自分から銀行に伝えておくと安心です。
電話口で告げられることとしては、通常は申込者に電話をつなげてほしいということのみです。電話の目的を銀行から伝えることはありませんし、会社から聞かれたとしても「私用です」という程度しか返答しません。要件をしつこく聞かれても答えることはないので、電話に出た会社の人にフリーローンの申込みをしたことがばれてしまうかもという心配はしなくてもいいでしょう。個人情報保護の観点から、銀行はその辺りの配慮は徹底しています。電話があったときに申込者が不在の場合は、「またあらためます」と言って電話は終わります。伝言を残されることはありません。会社に申込者が在籍しているようだということさえわかれば、その後電話が再びかかってくることも通常ありません。
銀行からの電話ではバレなくても、動揺した様子を社内で見せると、その態度から察しがついてしまう人もいますのでその点だけ注意すれば大丈夫です。また、在籍確認の電話で勘が働く鋭い人というのは、その人もまた融資経験者であることが多いのです。

 

銀行カードローンの申し込み条件

銀行カードローンの申込み条件は、フリーローンと比べるとだいぶ緩和されます。年齢に関しては同じで、どの銀行でも最低年齢は共通して「満20歳以上」です。上限年齢は、銀行によっても異なりますが、概ね「満60~69歳未満」となっています。住宅ローンのように、「20歳以上完済時満80歳の誕生日まで」といった、完済時の年齢上限はありません。この理由は、銀行カードローンは持続的に、限度額の枠内であれば何度でも借入れが可能なため、住宅ローンのように返済期間が定まらないためです。カード利用中に上限年齢に達すると、新たな借り入れはできなくなり、返済のみとなります。
「日本国内在住」であることも、いずれの銀行カードローンにおいても共通した申込条件です。外国籍の人でも、永住許可を受けて日本に住んでいれば、申込みが可能です。
フリーローンと同様に、地方銀行などは指定の営業区域内に居住や勤務している人しか、申込対象とならないことがあります。メガバンクを含む、全国に支店がある銀行であればこのような区域指定はありません。全国どこからでも、銀行カードローンに申込むことができます。
カードローン融資の使用目的については、事業性資金を除いて原則自由です。フリーローンのように、領収書などを後から提出するといった規定や、一括で購入できるものに限定されるということは一切ありません。銀行カードローンは、生活費の補てんやおまとめローンなど、自由に活用することができます。

 

銀行カードローンの審査に通るための年収

収入面については、「安定した収入があること」が各社共通の原則条件です。ただ、本人に収入がなくても配偶者に安定収入があれば一定額以下の限度額で融資を行っている銀行は多数あります。大手銀行カードローンで最低いくら以上という年収額の条件をつけているところはありません。年収400万円以上であれば安心で、高限度額も期待できます。年収200万円未満となると若干厳しくなりますが、継続的に安定した収入があることを証明でき、かつ初回限度額で高望みをしなければ審査に通過することも可能です。収入の安定性については、職業や所属する会社の規模や実績、勤続年数などから総合的に判断されます。利用・返済実績を積むことで、限度額の増額申請も通りやすくなります。

 

銀行カードローンの勤務先確認の方法

在籍確認とは、銀行カードローンの申込み内容に記載された勤務先に、本当に勤めているのかを確かめるために行われます。在籍確認は、審査において必須です。カードローンの在職確認は、通常は会社への電話で行われます。一次審査通過の連絡時に、在籍確認の電話で銀行名を伝えてもよいか確認されることが多いです。消費者金融であれば、在籍確認は必ず個人名になりますが、銀行であれば融資だけでなく口座開設や保険といった商品もあるので、融資と直結されないからです。楽天銀行のカードローンの在籍確認においては、個人名で電話をかけてくれますが、会社名を問われたときには楽天銀行の○○です、と返答することをあらかじめ公にしています。

 

銀行名を会社に伝えないでほしいという要望をしておけば、担当者が個人の苗字で、申込者宛に電話をかけてくれる銀行はほとんどです。次のように、尋ねられることが多いです。
「もしもし、高橋と申しますが、鈴木さんはいらっしゃいますか。」
申込者がその会社に確かに在籍していることが確認できれば問題ないので、不在であっても「本日は欠勤しております」「席を外しております」といった応対があれば、在籍確認は完了します。再び電話がかかってきたり、伝言を社員に託されたりすることはありません。本人が社内にいて、電話を回された場合は、通常はフルネームを確認されるだけで終了します。「はい、そうです。」「失礼します」この程度の返答で、電話を切ることができます。銀行は個人情報保護については徹底しているので、在籍確認によってカードローンの申込みをしたことが会社にバレるといった心配は不要です。
また、どうしても電話は困るという場合は、審査通過の連絡があった際に相談する方法もあります。会社名が入った保険証や会社名が記載された直近数ヶ月分の給与明細書などで在籍確認をしてくれる銀行もあります。
少人数の会社だから、職場に電話で在籍確認をされるのはやはり困る、かといって、給与明細などもすぐに入手できないから避けたい・・・といった場合に、最後の奥の手の必勝法があります。会社に誰もいなくなるまで残業したり、土日に一人で自由に出勤すること可能な状況であれば、土日も常に夜21時まで在籍確認を含む審査対応をしていれば自身で在籍確認の電話を受けることができます。
誰もいないオフィスからスマートフォンなどで申込み、スムーズにいけば1時間以内に在籍確認の電話がありますから、自分でその電話を取ればよいのです。自営業の人などは、そもそもこの在籍確認しかできませんので、本人が電話を取っても全く問題ありません。

土日の審査・申込について詳しくはこちら

 

フリーローンの審査に関する気になる疑問

住宅ローンを契約しているとフリーローンの審査は厳しいですか?

住宅ローンを契約しているとフリーローンの審査で不利になるということは、基本的にありません。住宅ローンの毎月の支払いを一度も延滞や滞納したことなく、きちんと支払っているのであれば、その実績はむしろ審査においてプラスに評価されます。住宅ローンを組めるという時点で、安定した収入があることの何よりの証明になりますし、月々の支払に滞りがないことで信頼性が上積みされます。自社銀行の住宅ローンを利用している人に対しては、フリーローンの借入利率(金利)を下げることを明確にしている銀行もあります。三井住友銀行のフリーローンは、自社銀行の住宅ローンを利用中で、過去に返済の遅延がない人については通常の借入利率よりも年3%下げることを、商品概要に明記しています(諸条件あり)。
住宅ローンに限らず、金融機関からの借入れの返済が3ヶ月以上遅れるなどのトラブルが過去5年以内にあった場合は、銀行融資の審査は通らなくなります。

 

フリーローンは総量規制の対象になりますか?

銀行によるフリーローンは、総量規制の対象にはなりません。総量規制は、消費者金融や信販会社といった貸金業者からの借入れを対象としているからです。銀行による貸付けは、フリーローンに限らずすべて総量規制の対象外です。総量規制が定められている貸金業法は、銀行には適用されません。銀行は、銀行法に基づいて運営されていて、管轄の法律が全く別になるのです。
つまり、フリーローンを含む銀行からの借入れを合わせた結果、借金の総額が年収の3分の1を超えたとしても、総量規制の問題にはなりません。消費者金融などに申込む際は、他社からの借入状況の項目には銀行から受けている融資額も正確に記入する必要がありますが(個人信用情報の照会は信用機関に対して必ずされるので、虚偽申告をしてもすぐにわかります)、銀行からいくら融資を受けていても、貸金業者からの融資が初めてであれば、年収の3分の1までは消費者記入から法律上は借り入れができるのです。
年収300万円の人が、消費者金融から90万円の借入れをしているときには、新たに別の消費者金融に申込をしても、審査が通ったとしても10万円の融資しか受けることができません。しかし、同じ年収300万円でも銀行から50万円借入時は、総量規制に全く影響を及ぼさないため、新たに消費者金融から100万円までの融資が認められる可能性があるのです。

総量規制について詳しくはこちら(日本貸金業協会ホームページ)

 

フリーローンとカードローン・キャッシングとの違いは?

フリーローンとカードローン、キャッシングは、どれも基本的には同じ「無担保・無保証人・使用目的自由(事業資金など一部の例外を除く)」なお金の借り方です。まず簡単に説明すると、フリーローンには銀行と信販会社の2社の商品があります。カードローンは、消費者金融、信販会社、銀行のそれぞれが扱っています。キャッシングとは広義の意味では、金融機関が個人に対してATMを通して行う少額融資のことですが、金融業界ではクレジットカードに付随した、無担保・無保証の現金貸し出しサービスを指すことが多いです。これら3つの違いを明確にするために、金利・限度額・審査・返済方法・借入れ可能な回数を比較しながら、解説していきます。

 

[金利]
まず、金利はどうでしょうか。金利はキャッシング→カードローン→フリーローンの順に低くなる傾向にあります。キャッシングは、クレジットカードのショッピング機能に付随した、いわばサブ的機能です。現金を借りることをメインの目的として申込む人が少ないため、金利は法定利率の上限が適用されていることが多いです。100万円未満の場合は18.0%、100万円以上で15.0%が多いです。ただ、キャッシング枠が100万円を超える人というのは、相当長く同じカードを使っている人が多いです。カードローンは、金利が高い方から、消費者金融、信販会社、銀行のカードローンとなります。消費者金融はキャッシング同様に、法定利息の上限を適用するところも多いですが、大手消費者金融プロミスは上限金利を17.8%に設定しています。また、最低金利は銀行カードローンと同程度に低く設定している消費者金融も多いです。フリーローンは、キャッシングやカードローンのように一度審査に通れば何度でも限度額まで自由に借り入れができるというものではありません。審査の後の融資は、1回のみです。無期限の継続的な融資ではないので、貸し倒れのリスクが低くなり、より低金利の設定が可能となるのです。イオン銀行のカードローンとフリーローンの金利を比べると、次のようになります。
イオン銀行カードローン・・・年3.8%~年13.5%
イオン銀行フリーローン・・・年3.8%~年13.8%
銀行カードローン自体も低金利なので、そこまで大きくフリーローンだと得をする、ということでもないのです。
金利には、固定金利と変動金利があります。長期的に利用する場合には、利息に影響を及ぼすこともあるので、違いを理解しておきましょう。固定金利とは、金融情勢の影響を受けず、契約時の金利で基本的に利用し続けるものです。金利が将来的に上がるリスクはないものの、固定金利が適用される商品は消費者金融のものが多く、もともと法定利息の上限であるケースも多いです。変動利息とは、金融情勢によって金利が高くなることも低くなることもあるものです。銀行カードローンやフリーローンなど、金利がもともと低く設定されている商品は、変動金利型のものが多いです。

 

[限度額]
融資の限度額については、全体的な傾向としては限度額が低い順から、キャッシング→カードローン・フリーローンとなります。金融機関によってもだいぶ異なりますが、銀行カードローン同様に高額設定がされているフリーローンが多いです。信販会社オリックス・クレジット株式会社のフリーローンは800万円、イオン銀行のフリーローンは700万円、三井住友銀行のフリーローン(無担保型)は300万円まで借りられる可能性があります。カードローンの中では、銀行カードローンと信販会社のカードローンの限度額が800万円、1000万円など高額の商品が目立ちます。ただ、大手消費者金融の限度額もわりと高額設定がされていて、プロミスは500万円、アコムは800万円など、地方銀行よりも高額な限度額を設定しているところもあります。

 

[審査]
限度額まで何度でも自由に借り入れができるキャッシングやカードローンと比較して、フリーローンの審査の方が通りやすいといえます。融資は初回だけで、あとは返済のみというフリーローンは、キャッシングやカードローンよりも貸し倒れのリスクが低いと考えられています。そのため、金利は低く抑えられ、審査のハードルも低くなっているのです。ただ、希望する融資額が高額の場合には、当然ながらフリーローンでも審査は難しくなります。

 

[返済方法]
フリーローンの返済方法は、毎月決まった日に銀行から自動引き落としになります。増額返済や臨時返済については、半年ごとと規定があったり、数千円の手数料がかかるなど、手軽に行うことは難しくなっています。キャッシングやカードローンの場合は、ATMやネットバンキング、振込や店頭窓口払いなど、返済方法は多岐に渡ります。また、臨時返済も手数料無料で月に何度でも出来ることが多いです。口座引き落としのみに限定すると、銀行としては回収リスクが低くなることに加えて、銀行側の手間がかからないというメリットがあります。フリーローンは低金利な分、サービスはカードローンほど充実していないのです。
[借入方法]借入方法は、カードローンが最も利便性が高いです。必要なときに自由に現金の借入れができることが目的のカードなので、手数料無料でATMから好きな時間に借りられたり、ネット申込をしてすぐに指定口座に現金が振り込まれるサービスなど、便利で多彩な借入方法が用意されています。キャッシングは、ATMからクレジットカードを使って必要な現金融資を受けられます。フリーローンの融資を受ける方法は、あらかじめ指定した日に指定銀行口座への振り込み入金となります。銀行によっては、融資後にあらかじめ銀行に告げていた使いみちに使用したことがわかる領収書などの書類の提出を求められるところもあります(三井住友銀行のフリーローンなど)。

 

[借入可能な回数]
フリーローンは、1回だけの融資で必要な金額を借りるサービスです。対してキャッシングとカードローンは、借入額の枠が与えられるため、枠内の金額に残金があれば何回でも自由に借りることができます。借りて、完済して、ということを繰り返すことで、銀行から「責任をもって返済する人」と評価が上がるため、同じキャッシングやカードローンを使い続けると基本的に限度額が増えていきます。一度審査に通ってカードを作れば、滞納などをしない限り半永久的にカードを使用できるため、キャッシング付クレジットカードやカードローンは人気があるのです。フリーローンの場合は、はじめに必要な金額を一括で借りて、その後は決められた回数の返済をしていくだけなので、一度だけお金を借りて以後は借りないと決めている人にとっては、金利も低くメリットがあります。自動車購入や海外旅行といった1度にまとまったお金が必要なときや、複数社から借り入れがあるときのおまとめローンとして、低金利のフリーローンは人気です。ただ、おまとめローンとしては使えないフリーローンもあるので、注意が必要です。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る