女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

ちばぎんカードローンの審査と在籍確認のタイミングについて

ちばぎんカードローンの在籍確認に関する噂は本当なのか

いまや消費者金融のカードローンをしのぐ人気の銀行カードローンですが、大手都市銀行のカードローンに勝るとも劣らない評判を誇るのが、地方銀行である千葉銀行が発行するカードローンです。
噂ではちばぎんカードローンは在籍確認がないといわれていますが、カードローンの審査において在籍確認は必須となっています。
このページではちばぎんカードローンの在籍確認の方法やタイミング、審査などについて徹底解説していきます。
カードローン申し込み時の在籍確認がイヤだとか心配だと感じてる方も多いようですが、このページを読んでそんな不安感を払拭しましょう。

 

 

カードローンの在籍確認は電話が一般的です

在籍確認とは、申込書に記入した勤務先に本当に勤めているのかを確認する作業で、勤務先に電話して直接確認する方法が一般的です。
カードローンは保証人なし・無担保でお金を貸出すローンです。
このため住宅や自動車のローンに比べて金利も高いのですが、返済が滞った場合には保証人への請求や担保を差し押さえるといった方法がとれません。
このため申込書に記載した勤務先に本当に在籍していて、確実に返済してもらえるのかを確認するために在籍確認が行われるのです。

 

 

ちばぎんカードローンの審査や在籍確認の流れやタイミング

ちばぎんカードローンの保証会社は三菱UFJフィナンシャルグループのエム・ユー信用保証で、同社が審査を担当します。
エム・ユー信用保証株式会社が個人信用情報を確認し項目ごとに点数化(スコアリング)して審査を行い、審査基準をクリアし仮審査に通過すれば2営業日以内に担当者からメールまたは電話連絡が来ます。
基本的にはこの仮審査に落ちている場合にはハガキで結果が通知されます。
仮審査通過の連絡の後に勤務先へ在籍確認が行われます。
この電話に申込者が出られない場合でも、席を外しているとか今日は休んでいるといった、在籍が確認できる返答であればOKとなります。

 

 

ちばぎんカードローンの在籍確認電話は個人名でかかってくる

在籍確認では銀行名や保証会社は名乗らずに個人名で電話がかかってきます。
電話の内容も「○○(担当者の個人名)と申しますが××さん(申込者)はいらっしゃいますか」というように、知人が電話をかけてきたという感じの内容で、電話に出た職場の同僚がカードローンの在籍確認の電話だと気づくことはまずありません。
万が一在籍確認の電話だと気づく同僚がいれば、その同僚も同じように在籍確認を受けたことがある人だと言えるでしょう。

 

同僚に在籍確認だと詮索されないごまかし方

同僚にカードローンを申込んだことがバレるのがイヤな人って多いものです。
また詮索好きな同僚にお金に困っているのかもと思わせてしまうと、それもまたかなり厄介です。
在籍確認電話がかかってきて詮索される場合には「不動産投資の営業の電話」とか「名刺交換をした相手だった」という在籍確認自体をごまかす方法があります。
しかし在籍確認自体はごまかさずに「自動車ローンを申込んだ」「住宅ローンを申込んだ」ための勤務先の確認といった方法も使えますが、「クレジットカードを申込んだ」ための勤務先の確認というのがもっとも使えるごまかし方でしょう。

 

 

パートやアルバイトでも勤務先に在籍確認電話はあるのか

在籍確認は申込書に入力した勤務先で本当に働いていて、返済することが可能なのかを調べるためのものです。
このためパートやアルバイトとして働いている勤務先へ在籍確認の電話は必ずかかってきます。
金融機関や保証会社にとって、働いていることが確認できない人にお金を貸すことはリスクが高すぎますので、アルバイトやパートであっても在籍確認はやはり必須となるのです。

 

 

在籍確認ができないと審査の通過は無理なのか

お金を貸す側にとって、きちんと返済してもらえる確証を得るのは重要なことです。
このために在籍確認と言って勤務先に電話で確認をするのです。
ところが勤務先をウソをついたり退職した会社名を記入する人がいますが、在籍確認で勤務先に電話をかけてその勤務先には勤めていないことは簡単にバレてしまいます。
虚偽の申告をするという信用面の不安と安定収入が得られる確証がないという返済能力の不安から、審査はもちろん通過できませんしカードローンの発行も見送られます。
必ずバレてしまいますから、勤務先は本当のことを申告しましょう。

 

 

ちばぎんカードローンの審査と在籍確認のタイミング

地方銀行のカードローンでありながら大手都市銀行のカードローンを凌ぐ人気がある、ちばぎんカードローン。
在籍確認がないという噂もありますが、正社員やパートの違いに関わらず実際には原則的に在籍確認が行われています。
カードローンを申込むと2営業日以内にメールか電話で仮審査の通過連絡、またはハガキで審査落ちが連絡されます。
仮審査通過連絡後に勤務先へ電話で在籍確認が行われます。
この電話では銀行名や保証会社名を出すことなく担当者の個人名でかかってきますから、在籍確認だということが職場の同僚にバレてしまう可能性は極めて低いといえます。
在籍確認が取れなければ審査は通過しませんのでカードローンの利用もできません。

 

 

ちばぎんカードローンの即日融資について

最短即日融資を宣伝文句にしていた銀行カードローンもたくさんありましたが、ちばぎんのカードローンをはじめ銀行カードローンでは即日融資ができなくなりました。
消費者金融や信販会社など金融業者がお金を貸し出す際には、貸金業法の決まりで年収の3分の1以下しか貸出せない総量規制などさまざまな規制があります。
ところが銀行にはこのような規制がなく、銀行カードローンが広まるにつれてさまざまな問題が指摘されるようになりました。
そこで銀行では自主規制という形で総量規制と同等の貸出の規制を設けるとともに、従来は保証会社の審査のみだったものを、銀行自身が預金保険機構を通じて警察庁へ問い合わせて問題のない人間なのかをチェックする仕組みを2018年1月に導入しました。
この警察庁への問い合わせは1~2日間必要なので、即日融資はできなくなったのです。

 

 

電話連絡なしの消費者金融ってあるのでしょうか

SMBCモビットでは条件を満たせば電話連絡なしで審査を通過し、お金を借りることができるのです。
三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの本人名義の口座を持っていて、なおかつ全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)または組合保険証を持っている人が、web完結によって申込んだ場合は電話連絡は行われません。
契約書類やローンカードの郵送物もなく振込融資での利用となります。
またアコムやアイフルでは勤務形態の都合上で在籍確認が難しい場合には、相談の上で給与明細書・保険証・社員証などのコピーの提出で在籍確認の代わりとするケースもあるようです。
派遣社員は派遣会社に在籍していますが勤務先は派遣先となります。
派遣会社では派遣社員の個人情報保護の観点から外部からの問い合わせには一切答えないケースが多く、このようなケースでは在籍確認を行わないようです。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る