《カードローン》即日・最短で融資を受けられるところは?

即日・最短で融資を受けたいという場合は、プロミスがオススメ!

プロミス

プロミスの特徴
  • 30日間無利息サービス※1
  • Web契約で即日振込も可能
  • ローンカードあり・なし選択可能
  • 簡単3秒診断あり

→プロミスのお申込みはこちら

3項目で3秒診断!

毎月の返済額をチェック!

>>3秒診断

>>返済シミュレーション

プロミスのスペック

実質年率

限度額

審査時間

融資時間

自動契約機

4.5%~17.8%

最大500万円

最短30分

最短即日※2

あり

※1 メールアドレスとWEB明細利用の登録が必要です。30日間無利息ですが、元金の返済は必要です。また30日間をすぎたら利息が発生します。
※2 お申し込みの時間帯により、ご利用の開始が翌営業日以降となる場合がございます。

 

最短・即日融資ならWeb申込がおすすめ

Webからの申込は手間も少なくスピーディなので、できるだけ早く融資を受けたい場合はネットから申込できるカードローンを選びましょう。
Web申込ができて、スピーディーな審査が人気のプロミスの最短融資までの流れを解説します。

プロミスで即日融資を受ける方法

1.Webで申込 Webの申込フォームに必要事項を入力していきます。
2.審査

申込内容に基づいて審査を行っていきます。審査完了後、契約可能額を決定した上で指定の連絡先へと連絡があります。
必要書類のデータをデジカメやスキャナを利用して送ります。

3.契約 Webでそのまま契約の手続きをすることができます。
4.借入 振込での融資ができます。

 

Webなら24時間申込受付を行っており、審査は最短30分で完了します。
審査状況によっては連絡まで時間がかかることもあるので、お急ぎの場合はできるだけ早めに申し込みをするなどしましょう。
平日14時までにWeb契約を完了させれば、即日融資を受けることも可能です。
⇒プロミスのカードローンに申し込む

 

Web契約で即日の振込融資を受けるには、平日の14時までに契約を完了させることが必要です。
その時間以降や土日にお急ぎの融資を希望の場合は、Web申込の審査に通ったら自動契約機でローンカードを発行しましょう。
営業時間内に契約を完了してカードを受け取れればお近くの提携ATMなどからキャッシングできます。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

 

最短借入のコツ

すぐに借入をしたい場合には、気を付けなければいけない点がいくつかあります。
せっかく審査に通っても、すぐに借り入れできなかったということがないように注意点をしっかり確認しましょう!

 

プロミスの注意点

必要書類はあらかじめ準備
必要書類は鮮明にコピー
申し込みフォームは正確に入力
希望限度額を高くし過ぎない

 

必要書類はあらかじめ準備

最短で融資を受けるためには、スムーズに手続きに進めるようあらかじめ書類を準備しておくことも重要です。

手続きに必要な書類

  • 運転免許証(ない方は、健康保険証+1点(例:住民票)等)
  • 外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせて必要
  • 借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)
  • 個人事業主の方は確定申告書(写し)等

 

必要書類は鮮明にコピー

Web申込では必要書類の写しをデジカメやスキャナを使って提出します。
このときに、読みにくい箇所や不鮮明な箇所がないか確認しましょう。
提出した書類に不備があると、再提出が必要なので最短での借入が難しくなります。

 

申し込みフォームは正確に入力

必要書類と同様に、氏名や勤務先などの情報に記入漏れや誤りなどの不備があるとスムーズに手続が進みません。
申込を完了する前に、内容に間違いがないかをもう一度確認しましょう。

 

希望限度額を高くし過ぎない

必要以上に借入限度額を高くしないようにしましょう。
希望限度額が高くなれば、その分審査も厳しくなります。
必要最低限の額から申し込むのが、審査のポイントになります。

 

すぐに借りたいなら営業時間に注意

即日で借りたいなら銀行やカードローンの営業時間にも注意して、できるだけ早い時間帯に契約や振込手続きを完了させるのがポイントです。ここでは、プロミスと一緒に、モビットについても見ていきます。

 

プロミス

モビット

振込での借入 平日14時までにWEB契約を完了 平日14:50までに振込手続き完了
カードでの借入 自動契約機、店舗の受付時間内にカードを発行 ローン申込機の営業時間内にモビットカードを発行

※審査結果によってご希望に沿えない場合もあります

 

「ローンカードを使いたい」「銀行の営業が終了している」場合は自動契約機からの借入を検討しましょう。
申込まではWebから行い、その後の手続を自動契約機や店舗で行うのが、待ち時間を省けるのでおすすめです。

 

自動契約機や店舗は土日・祝日や夜でも営業していますが、設置場所によって異なるのであらかじめ近くの店舗の営業時間を調べておくのが良いでしょう。

 

以下の営業時間が多いようですが、設置場所によって異なりますのでホームページなどで確認することをおすすめします。
プロミス自動契約機:9:00-22:00
モビットローン申込機:8:00-21:00

 

カードローンの審査について

カードローンを申し込むときは、審査についても気になりますよね。
審査内容や審査基準は会社によって違い公開もされていませんが、だいたい次のような項目がチェックされています。

 

カードローンの審査項目

  1. 収入
  2. 生年月日
  3. 他社からの借入総額
  4. 勤め先
  5. 雇用形態

 

収入や雇用形態はもちろん、他社からの借入総額なども確認します。
消費者金融からの借入は総量規制の対象になります。
総量規制によって、他社からの借入を含めて年収の1/3を超えるような借入はできないのでそれらは重要なチェック項目になります。
これらの項目は一部で、他にもたくさんの項目から申込者に返済能力があるかを判断します。

他にも、家族構成、勤続年数、住居形態などさまざまな項目を確認します。
また、債務整理などの事故情報があると一定期間は審査に通らないので注意が必要です。

 

即日審査・即日融資に対応したカードローン会社

プロミス

即日融資をしてくれるところで、評価の高い消費者金融業者はプロミスです。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合がありますので注意が必要です。

 

プロミスはカードローンの審査にコンピューターが導入されています。
申し込みをした人の個人情報を入力すると、自動で専用コンピューターによるスコアリングの計算が行われます。
そのため、すぐに融資が可能かどうかの判断を出すことが出来るのです。

プロミス

 

実質年率 年4.5~17.8%

最大限度額

500万円
審査時間

スピーディな審査で最短30分回答
最短1時間で融資
土日の即日融資も可能

特徴
  • 30日間無利息サービス

    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。30日間無利息ですが、元金の返済は必要です。また30日間をすぎたら利息が発生します。

  • 安定した収入があれば学生・アルバイトでもOK
  • 来店不要の24時間申込
  • Web契約で即日振込みも可能
  • 簡単3秒診断あり
  • 自動契約機でカード発行
  • 三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス
  •  

    銀行カードローンの最短融資

    消費者金融ではなく、銀行カードローンを利用したいとお考えの方もいると思います。
    銀行カードローンの審査は時間がかかるというイメージを持っているかもしれませんが、中にはスピーディな審査が可能な銀行カードローンもあります。

     

    ただ、その金融機関の口座が必要な場合などもあるので、そのあたりも合わせてチェックするのが良いでしょう。

    低金利がメリット!おすすめ銀行カードローンランキング

    カードローン即日最短ならプロミスがオススメ!

     

    スピーディな審査で最短30分回答! 最短1時間で融資! 土日の即日融資も可能 ※申込み時間によっては、当日中の融資ができない場合があります

    カードローンの即日審査・即日融資サービス

    カードローンのサービスを行っている銀行や消費者金融業者は利便性の高いサービスを行っています。 そのため審査にかかる時間も短く、最短であれば申し込みをしたその日のうちに融資を受けることが可能になります。
    ただし申込み時間によっては即日融資とならないこともあるので注意が必要です。

    《カードローン》即日・最短で融資を受けるには?

    即日で融資を受けるならネット申込みがオススメ!
    最短即日で融資を受けたいなら無人契約機やインターネットからの申込が便利です。 無人契約機の場合は、設置場所によって限定されてきますが、スマートフォンであれば、いつどこにいても利用可能です。 審査に関しては、どちらも申込方法の違いによる差はありません。 スマートフォンなどのネットからの契約は消費者金融や銀行のカードローンでも利用できますし、近くの銀行で振込み先を指定すれば時間を無駄にすることもありません。
    ネット申込みについての詳細ページはコチラ♪
    即日・最短で融資を受けるための準備
    最短で融資を受けるためには、スムーズに手続きに進めるよう準備しておくことも重要です。
    手続きに必要な書類
    • 運転免許証(ない方は、健康保険証またはパスポート等)
    • 外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせて必要
    • 借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)
    • 個人事業主の方は確定申告書(写し)等
    ネット申込みの場合は、運転免許証やパスポートなどの身分証明書を送信する必要があります。 そのため、少しでも早くお金を借りたいなら事前に本人確認書類などを画像化しておくとスムーズに手続きを進めることができます。
    どこの金融会社であれば、どこのATMと提携しているのか。 また、審査結果までのスピードや通知方法など、借り入れまでのプロセスをイメージしておくことも早く手続きするうえで役立ちます。

    即日審査・即日融資に対応したカードローン会社

    プロミス

    即日融資をしてくれるところで、評価の高い消費者金融業者はプロミスです。 ※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合がありますので注意が必要です。 プロミスはカードローンの審査にコンピューターが導入されています。 申し込みをした人の個人情報を入力すると、自動で専用コンピューターによるスコアリングの計算が行われます。 そのため、すぐに融資が可能かどうかの判断を出すことが出来るのです。
    プロミス

     

    実質年率 年4.5~17.8%

    最大限度額

    500万円
    審査時間

    スピーディな審査で最短30分回答
    最短1時間で融資
    土日の即日融資も可能

    特徴
  • 30日間無利息サービス

    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。30日間無利息ですが、元金の返済は必要です。また30日間をすぎたら利息が発生します。

  • 安定した収入があれば学生・アルバイトでもOK
  • 来店不要の24時間申込
  • Web契約で即日振込みも可能
  • 簡単3秒診断あり
  • 自動契約機でカード発行
  • 三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス
  • 失敗しない!カードローン選びレッスン

    ページトップへ戻る