無金利カードローン|少しでも利息を抑えたいならこのカードローン

お金を借りるなら誰もが金利のことは気になりますよね。
できるだけ低い金利で借りようと思い低金利のカードローンを探す方が多いようですが、実は初めての借り入れの場合には上限金利での借り入れになるケースが多くあります。
例えば、金利3.0%~18.0%のカードローンなら18%が上限金利となります。

カードローンの金利は年率なので、金利18%なら1年間お金を借りた場合、借りた額(元金)の18%を利息として元金にプラスして返済することになります。

 

もし元金が10万円なら、
10万円×18%=1万8千円なので、最終的な返済額は11万8千円になります。
実際には、借入残高に金利がかかるので、毎月返済をして残高が減れば利息も減少します。
※実際の返済額は、契約内容によりますので参考値としてご覧ください。

そんなときにおすすめなのが、一定期間内なら利息を付けずにお金を貸してくれる無金利期間のあるカードローンです。

 

 

無金利カードローンがお得な理由

 

少額融資や短期間の利用なら無金利期間のあるカードローンがとてもお得です。
本来ならば、カードローンに限らず金融機関からお金を借りる場合には法律で定められた範囲の中で利息がつきます。

 

しかし中には、この支払わなければいけない利息を一定期間0円にしてくれるサービスがあるカードローンがあります。
例えば、30日間の無利息期間があるならその期間内に完済すれば利息は0円なので、借りた額だけを返せば良い事になります。

 

かりに、無利息期間後に借入残高がある場合でも決められた30日間は利息が発生しないので30日分の利息を得したことになります。

 

「次の給料日・ボーナスで無金利期間内に返せる!」という方にはとてもおすすめだといえます!
▼すぐにおすすめ無金利カードローンをチェック!▼

 

無金利カードローンの条件

無金利カードローンを探す際に気をつけたいのは、無金利になる条件です。
カードローンによって無金利の期間や、無金利のサービスを受けられる条件が違うのであらかじめ確認するようにしましょう!

 

初めてのカードローンは「無金利期間あり!」がおすすめ

基本的にカードローンは、設定された借入限度額が高ければ金利は低くなります。
しかし高い限度額で融資を受けるためにはその分審査基準も厳しく、年収や勤務先などの評価以外にも、いままでの返済履歴が重要になります。

 

カードローンの申し込みがあると、金融機関は信用情報機関を利用して申込者の信用情報を調べます。
信用情報には、氏名や勤務先などの個人情報の他、クレジットカードやカードローンの契約内容、支払・返済の状況が記されています。
この情報をもとに融資が可能かどうか、可能な場合にはいくらの限度額にするかを審査するというわけです。

 

ここでカードローンを借りたことがない場合には、もちろん返済の履歴がないので、収入があっても「いきなり高い限度額で融資をするのはリスクが有る」と判断されることが多いのです。

 

だからカードローンの利用が初めての方で短期間の借入なら、低金利のカードローンよりも無金利期間のあるカードローンの方がお得に借りられる場合が多くなるのです!
>>初めての方におすすめの無利息期間があるカードローンをチェック

 

おすすめの無金利カードローン

カードローンには、いくつか無金利期間のあるキャッシングサービスがありますが、その中でも特におすすめのカードローンを紹介します。

 

プロミス

プロミスの無利息サービス期間は30日間の1種類だけですが、初回の利用の翌日から無金利期間が始まるのが特徴です。
※無利息サービスの利用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
初めての利用まで契約からしばらく空いても、無金利期間が終わらないのはプロミスならではのメリットです。

 

より急ぎの融資を希望する場合には消費者金融のプロミスがおすすめです。

 

プロミス

 

実質年率 年4.5~17.8%

最大限度額

500万円
審査時間

スピーディな審査で最短30分回答
最短1時間で融資
土日の即日融資も可能

特徴
  • 30日間無利息サービス

    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。30日間無利息ですが、元金の返済は必要です。また30日間をすぎたら利息が発生します。

  • 安定した収入があれば学生・アルバイトでもOK
  • 来店不要の24時間申込
  • Web契約で即日振込みも可能
  • 簡単3秒診断あり
  • 自動契約機でカード発行
  • 三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス
  • お金を消費者金融業者から借りるという場合には、まず金利を比較するようにしましょう。金利は、借りるお金の金額により異なります。 一見すると、金利が安いように見えても、少額を借りるという場合には、そうでもない可能性があります。 お金を借りる際に、金利が安いということが大切なのは、返済総額に大きく影響するためです。 同じ金額を借りたとしても、金利により返済総額に大きな差が出ることもあります。返済総額を抑えたいのであれば、金利の安いところを選ぶようにしましょう。 最近では、初めて利用する人や一定の条件を満たしている場合には、一定期間無金利で利用することが出来る消費者金融業者もあります。 お金を借りるという時にあらかじめ返済の目処が立っているという場合にはこのような業者を利用してみると良いかもしれません。 なお、消費者金融業者は申し込みをした人全てが利用することが出来るというわけではありません。 融資を受けるという場合には、利用条件を満たしていることが求められます。利用条件は、業者により異なりますので、申し込み前に確認するようにしましょう。 万が一、審査に落ちてしまったという場合、すぐに他のところに申し込んでしまうことは辞めましょう。 それだけで審査を通過することが出来ない可能性がありますので、短期間に複数の業者に申し込みをするのは避けたほうが無難です。なぜ、審査に落ちたのかを考え、対策を講じるということが大切になります。

    失敗しない!カードローン選びレッスン

    ページトップへ戻る