カードローンの借り換え・おまとめの方法~返済が楽になる?~

おまとめ・借り換えローン

 

複数社からの借り入れがある場合、それらを1つにまとめることで毎月の返済を楽にすることができます。

 

そんなおまとめ・借り換えにおすすめなのがオリックス銀行カードローンです!

 

この機会に複数からの借入を一本化して返済を見直してみましょう。

オリックス銀行カードローン

 

オリックス銀行カードローン
実質年率 年1.7%~ 17.8%
最大限度額 最大800万円
特徴
  • 借り換え・おまとめに最適なカードローン
  • 提携ATM手数料が借入れ・返済ともに0円
  • 1,000円単位で借り入れOK
  • 月々7,000円からのご返済も可能
    ※借入残高が30万円以下の場合
  • 来店・口座開設不要
  • 担保・保証人不要
  •  

    複数の業者から借り入れするデメリット

    複数業者からキャッシングしているなら、一本化した方がラクになります!

    複数の業者からキャッシングしていると

    • 利息分を返すだけで精一杯になってしまう
    • 返済日がバラバラで毎日のように返済に追われてしまう
    • ATM手数料など、その都度余計な費用が掛かってしまう

    といったデメリットが発生します。

     

    これらの問題は、カードローンを一本化することで全て解消できます!
    ⇒オリックス銀行カードローンについて詳しくはこちら

     

    カードローンの借り換え・おまとめ先を選ぶポイント

    借り入れを1つにまとめるのは賢い方法ですが、実は「どのカードローンでまとめるか」がとても重要です。

     

    おまとめ・借り換えを検討する際には、次の2点をしっかりと確認しましょう。

    最低金利が低いカードローン
    最高限度額が高いカードローン

     

    ①最低金利が低いカードローン

    おまとめを検討するなら最低金利に注目!

    借入をまとめる時の大きなメリットの1つは、金利です。
    カードローンは借入額が高ければ高いほど、金利設定は低くなります。
    なので、最低金利が低いカードローンの方が複数の借り入れをまとめた時にお得になります。

     

    一般的なカードローンの金利は、3.0%~18.0%の間に収まっています。
    つまり、借入額によっては最大15.0%もの金利の差が生じます。
    たとえ少額でも、いくつもの金融機関から借りていれば、その分高い利息を支払うことにります。

     

    無駄な利息を払わない為にも、上手くまとめて低い金利で借り換えするのが得策です!

     

    ⇒おまとめ・借り換えに最適なカードローンはこちら

     

    ②最高限度額が高いカードローン

    最高限度額をチェック!

    金利の他でまとめる時にチェックしておくべきなのが、最高限度額です。
    たとえ金利が低くても、限度額が足りなければ、借り換えのメリットが十分に活かせません。

     

    おまとめ・借り換えなら銀行カードローン

    最低金利最高限度額から考えると、銀行カードローンがおまとめ・借り換えに最適であると言えます。

     

    中でも、オリックス銀行カードローンは、
    実質年率:年1.7%~17.8%
    限度額:最高800万円
    と非常におまとめ・借り換えにぴったりのカードローンとなっています。

     

    オリックス銀行カードローンで一本化するメリット

    オリックス銀行カードローンは、来店も口座開設も不要です。
    また担保や保証人もいらないので、初めてオリックス銀行カードローンを利用する方でも、気軽に融資を受けることが出来ます。
    ATMの利用手数料もかからないので、借入や返済がしやすいカードローンをお探しなら、オリックス銀行カードローンを選びたいですね。
    最短即日審査が可能なので、今すぐお金が欲しいときは申し込むようにしましょう。

     

    オリックス銀行カードローン

     

    オリックス銀行カードローン
    実質年率 年1.7%~ 17.8%
    最大限度額 最大800万円
    特徴
  • 借り換え・おまとめに最適なカードローン
  • 提携ATM手数料が借入れ・返済ともに0円
  • 1,000円単位で借り入れOK
  • 月々7,000円からのご返済も可能
    ※借入残高が30万円以下の場合
  • 来店・口座開設不要
  • 担保・保証人不要
  •  

    おまとめ・借り換えならみずほ銀行カードローンもおすすめ

    みずほ銀行カードローン

     

    みずほ銀行カードローン

    実質年率 エグゼクティブプラン:年3.0~7.0%

    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
    エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

    最大限度額

    1,000万円
    審査時間

    最短即日
    ※ただし、申込方法や申込時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    特徴
  • 来店不要で即日振込みも可能
  • ※みずほ銀行の口座をお持ちで午前中までにお申し込みした場合

  • “銀行”カードローンは総量規制対象外
  • みずほ銀行のATM、その他のコンビニATM等で利用可能
  • 最大200万円までは収入証明書不要
  •  

    みずほ銀行カードローンへの借り換えをおすすめするポイント
    低金利のカードローンである

    みずほ銀行カードローンの特徴は、
    なんと言ってもエグゼクティブプラン:年3.0%~7.0%の低金利であることです。

     

    そのため、このサービスを賢く利用することで最終的な返済金額を抑えることが出来るのです。

     

    利用限度額が高い

    複数あるカードローンを借り換える場合、金額も大きくなりがちです。
    みずほ銀行であれば、限度額が最大1,000万円ですので、安心して一本化することができます。

     

    また、提携ATMは全国のコンビニなどに設置されているため、特に不便に感じることなく利用するこができます。

     

    総量規制によって制限されない

    みずほ銀行カードローンは、銀行系カードローンなので総量規制の対象外となっています。
    そのため、主婦であっても安定した収入があれば融資を受けることができます。

    総量規制とは?

    総量規制とは「個人向け貸付け」、つまり個人で借入できる総額が原則として年収の3分の1までに制限される仕組みのことを言います。

    みずほ銀行カードローン

     

    みずほ銀行カードローン

    実質年率 エグゼクティブプラン:年3.0~7.0%

    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
    エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

    最大限度額

    1,000万円
    審査時間

    最短即日
    ※ただし、申込方法や申込時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    特徴
  • 来店不要で即日振込みも可能
  • ※みずほ銀行の口座をお持ちで午前中までにお申し込みした場合

  • “銀行”カードローンは総量規制対象外
  • みずほ銀行のATM、その他のコンビニATM等で利用可能
  • 最大200万円までは収入証明書不要
  •  

    少額での借り換え・おまとめローンならプロミス!

    プロミスには、30日間の無利息サービスがあります。
    無利息サービスを上手に利用して借り換えをすることで、利息の負担をある程度は軽くできるので、積極的に活用したいところです。

     

    ただ、無利息サービスを利用する条件として

    • プロミスをはじめて利用する方
    • メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をされている方

    が対象となっているので注意が必要です。

     

    プロミス

     

    実質年率 年4.5~17.8%

    最大限度額

    500万円
    審査時間

    スピーディな審査で最短30分回答
    最短1時間で融資
    土日の即日融資も可能

    特徴
  • 30日間無利息サービス

    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。30日間無利息ですが、元金の返済は必要です。また30日間をすぎたら利息が発生します。

  • 安定した収入があれば学生・アルバイトでもOK
  • 来店不要の24時間申込
  • Web契約で即日振込みも可能
  • 簡単3秒診断あり
  • 自動契約機でカード発行
  • 三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス
  • カードローンの借り換えで金利がお得になる!

    複数あるカードローンを一本化する事により利息金が下がるケースがよくあります。

     

    それはなぜでしょうか。
    それは一本化し、金利を下げる事で総合的に利息金を下げるという考え方です。
    例えば3社の消費者金融から借入があったとします。

     

    A社:50万円 利率18%(年率)
    B社:50万円 利率17%(年率)
    C社:30万円 利率18%(年率)

     

    この場合、各社の月々の利息金は
    A社:50(万円)×0.18(利率)÷12(ヶ月)=7,500円(利息)
    B社:50(万円)×0.17(利率)÷12(ヶ月)=7,083円(利息)
    C社:30(万円)×0.18(利率)÷12(ヶ月)=4,500円(利息)
    となり、利息金の合計は約19,000円となります。

     

    これを一本化し、利率15%で借り換えたとしましょう。
    この場合の利息は、130(万円)(A,B,C社合計)×0.15(利率)÷15%=16,250円(利息)となります。

     

    つまり、各社それぞれに返済すれば約19,000円の利息を取られていたものが、一本化する事により16,250円の利息となり、2,800円も利息分が減るという事になります。
    1ヶ月でこの利息分が減る訳ですから、長い目でみると返済額が減るという事は言うまでもありません。

     

    おまとめローンやカードローンの借り換えとは?

    おまとめローンや借り換えローンは、俗におまとめローンとよく言われます。
    銀行や消費者金融で、こういった大口の借り換えローン商品を展開しています。
    その借り換えローンの利率は大体3.0%~17.0%の範囲で設定されています。
    今現在、複数のカードローンをお持ちで、その金利が17%以上に設定されている場合は、この借り換えローンに乗り換える事で今後の利息金を減らせるというメリットがあります。
    利息金が減らせるという事は月々の返済額も下がるという事につながります。

     

    借金を一本化!借り換えにオススメのカードローン会社

    借り換えを行うには、オリックス銀行やみずほ銀行などといった銀行カードローンに乗り換える事がお勧めです。
    消費者金融でも借り換えを行う事は可能ですが、銀行ほど低金利になる事はありません。
    また、消費者金融の場合は貸金業法に則った借り換えローンとなるため、借り換え後は新たな借入が出来ず、返済専用のカードローンとなってしまいます。
    銀行カードローンはその様な事はありません。上限融資の範囲内で何度でも借入する事が可能です。
    その様な面から、銀行での借り換えを行う事をお勧めします。

     

    オリックス銀行カードローン

    オリックス銀行は借り換え一本化をする上でお勧めの銀行です。
    まず、オリックス銀行の場合は、明確におまとめ・借り換えローンとして利用出来る事を
    自社のネットサイトで公表しています。通常、銀行カードローンの場合、借り換えローンを目的とした商品を公表していません。
    あくまで、フリーローンという様な商品としておりそのフリーローンの使用用途は自由としています。
    その反面オリックス銀行は明確に借り換えローンを目的とした商品を展開しています。
    これは借り換えローンを検討している人にとっては、申請しやすい商品だと言えます。他の銀行と比較し、審査も通りやすい可能性があります。

    オリックス銀行カードローン

     

    金利

    限度額

    審査時間

    融資時間

    Web申込み

    1.7%~17.8%

    最大800万円

    最短即日

    契約後最短即日

    可能

     

    みずほ銀行カードローン

    みずほ銀行カードローンも借り換え一本化をする上でお勧めの銀行です。
    みずほ銀行カードローンは何と言っても、その限度額が最大1,000万円という金額は非常に魅力的なカードローンです。
    また、銀行ならではと言える、4%~14%の利率設定がお勧め出来る最大のポイントです。
    今現在、18%の利率で借入しているのであれば、この上限金利の14%が採用されたとしても、4%も利率が減る事になります。
    仮に200万円をおまとめした場合、今までと比較し、年間8万円もお得になります。
    借り換えローンを検討するなら、利率の低いみずほ銀行カードローンを検討する事をお勧めします。

    みずほ銀行カードローン

     

    金利

    限度額

    審査時間

    融資時間

    Web申込み

    3.5%~14.0%
    (コンフォートプランの場合)
    ※住宅ローン利用な場合には金利を0.5%引下げ、表示は適用後の金利です。

    最大1,00万円

    最短即日

    最短即日

    可能

     

    消費者金融でも一本化可能

    銀行カードローンの他にもおまとめローンを展開している消費者金融があります。
    消費者金融の場合は、「貸金業法」(貸金業法施行規則第10条の23第1項 第1号の2(約定に基づく返済により借入残高を段階的に減らしていくための借換え))に則った融資を行う事になり
    ます。これは簡単に言えば、借り換え専用のカードローンとなり、現在の借金総額以上の借入は出来ません。
    そのため、自由性はありません。銀行で借り換えローンの申請が通らない人の最終手段と言えるでしょう。
    また、消費者金融によっては、現在契約のある人を限定としたおまとめローンの商品を展開している場合もあります。
    この場合は、おまとめローンの審査に比較的通りやすく借り換えやすいと言えます。
    自分が契約している消費者金融に一度相談してみてはいかがでしょうか。

     

    借り換えに向いている消費者金融

    借り換え一本化を行っている消費者金融は、大手消費者金融であるアコム、アイフル、プロミスがこの
    おまとめローンを展開しています。

     

    おまとめローンの審査のポイント

    では、おまとめローンの審査ポイントについてご説明します。おまとめローンにおける審査基準というものは残念ながら各社公表をしておらず、明確に断言する事は出来ませんが、少なくとも以下の様な状態では審査は通らないと言えます。
    まずは審査を受ける前にやってはならない事をご説明します。

     

    金融事故を起こしている(返済遅延・滞納をしている)

    これは審査において、100%審査に落ちてしまう原因となります。信用のない人という判断となり、審査する前に審査落ちとなります。
    これだけはやってはいけません。また、おまとめローンの審査を受ける場合も、通常のカードローンの審査と同様、勤務形態、勤務年数、家族構成、居住形態、年収といった内容も影響します。
    年収が低い場合や勤続年数が浅かったりする場合は、審査が通りにくいと言えるでしょう。

     

    おまとめすると実際に金利はどのくらいお得になるの?限度額はいくら?

    おまとめローンに借り換えする事で、返済総額が下がる条件は、現在の借入金利がおまとめローンをした場合の借入金利を上回っているという事です。
    おまとめローンをした場合、返済金額はその金利の差額分減るという事になります。
    但し、返済期間は今までより伸びてしまいます。複数社同時に返済していった場合と比較し、1社に多額の返済を行っていく場合とでは、返済期間が1.7倍程度に延びてしまいます。
    おまとめする金額にもよりますが、その金額が大きくなればなるほど、返済期間も延びてしまうという事を認識しておきましょう。

     

    実際に乗り換えた場合の返済総額、返済期間、利息などをシュミレーションしてみた

    では具体的に借り換えした場合のシミュレーションを行ってみます。

     

    A社:130万円、金利17%、返済額(月々)3,5000円
    B社:21万円、金利18%、返済額(月々)12,000円
    C社:9万円、金利20%、返済額(月々)5,000円
    この場合、総借入額は150万円、月々の返済は52,000円となります。

     

    オリックス銀行カードローンのおまとめに成功し、150万円をおまとめ出来たとします。
    その場合、
    オリックス:150万円、金利14.8%、返済額(月々)30,000円となります。

     

    どうでしょうか。この時点で月々の返済金額は52,000円から30,000円となり、22,000円も月々の返済金額が下がります。
    では返済総額を見てみましょう。計算を簡単にするため、月々の返済金額を固定で考えたとします。

     

    その場合、
    A社総返済金額:144万円
    B社総返済金額:26万円
    C社総返済金額:12万円
    合計182万円程度となります。
    では、オリックスで返済した場合の総返済金額を考えた場合、
    オリックス銀行総返済金額:176万円

     

    おまとめにした事により、総額6万円の利息金が減ったという事になります。

     

    借り換えのメリット・デメリット

    この様に、おまとめローンを行う事によるメリットは
    ・返済総額が減り、月々の返済金額が減る。

     

    という事が一番の利点になります。また、おまとめローンをする事によるデメリットは

     

    • 返済期間が長期化する
    • 審査が厳しい

     

    という点でしょう。
    多重債務に陥って、借金に苦しんでいるのであれば、少しでも借金軽減を目指しおまとめローンを検討してみる事をお勧めします。

     

    おまとめ向きの低金利銀行カードローン

    限度額に対する金利が優秀!

    オリックス銀行カードローン

    オリックス銀行カードローン

     

    オリックス銀行カードローン
    実質年率 年1.7%~ 17.8%
    最大限度額 最大800万円
    特徴
  • 借り換え・おまとめに最適なカードローン
  • 提携ATM手数料が借入れ・返済ともに0円
  • 1,000円単位で借り入れOK
  • 月々7,000円からのご返済も可能
    ※借入残高が30万円以下の場合
  • 来店・口座開設不要
  • 担保・保証人不要
  •  

    上限金利の低さがメリット!

    みずほ銀行カードローン

    みずほ銀行カードローン

     

    みずほ銀行カードローン

    実質年率 エグゼクティブプラン:年3.0~7.0%

    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
    エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

    最大限度額

    1,000万円
    審査時間

    最短即日
    ※ただし、申込方法や申込時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    特徴
  • 来店不要で即日振込みも可能
  • ※みずほ銀行の口座をお持ちで午前中までにお申し込みした場合

  • “銀行”カードローンは総量規制対象外
  • みずほ銀行のATM、その他のコンビニATM等で利用可能
  • 最大200万円までは収入証明書不要
  • 新築時はどれだけ綺麗で立派な一戸建て住宅も、10年、20年と年月が経っていくと、徐々にあちこちが壊れたり、古くて使いにくくなっていくので、リフォームが必要になります。 100万円や200万円といったお金では全然足らないこともあるので、出来ることならカードローンを利用したいけれど、どのローン会社も最高限度額が低いので、困っている方もあるかも知れませんね。 そんな方におすすめなのが、最高限度額が800万円のオリックス銀行カードローンなので、リフォームや車購入の資金が足りないときは利用することをおすすめします。 一般的なカードローンの最高限度額はインターネットで調べてもらうとわかりますが、多くても500万円というところが多いので、オリックス銀行カードローンの限度額最高800万円というのは、かなり高額になります。 しかも50万円以上の融資を受けたい場合は、所得証明書が必要というカードローンが多い中、オリックス銀行カードローンは原則300万円以下は不要となっているので、高額の融資でも申し込みやすくなっています。 来店も口座開設も不要ですし、担保や保証人もいらないので、初めてオリックス銀行カードローンを利用する方でも、気軽に融資を受けることが出来ます。 ATM利用手数料もかからないので、借入や返済がしやすいカードローンをお探しなら、オリックス銀行カードローンを選びたいですね。 最短即日審査が可能なので、今すぐお金が欲しいときは申し込むようにしましょう。

    失敗しない!カードローン選びレッスン

    ページトップへ戻る