カードローンで損しない返済方法とは?

返済や審査はとくに多くの方が不安に思うポイントです!
金融機関の中には、公式ホームページで返済や審査のシミュレーションツールを用意しているところもあります。

審査のシミュレーションができる主な金融機関

消費者金融

アイフル
プロミス
アコム

 

銀行カードローン

新生銀行カードローン レイク
ちばぎんカードローン

返済のシミュレーションができる主な金融機関

消費者金融

アイフル
プロミス
モビット

銀行カードローン

新生銀行カードローン レイク
三井住友銀行カードローン

 

審査・返済のシミュレーション可能なおすすめ消費者金融

アイフル

おすすめ1位の万能カードローン!
無利息期間で最大30日間利息0円!
1秒診断で審査結果を診断できたり、毎月の返済額を計算してくれる返済シミュレーションがあったり初めての方でも安心♪

審査が早くて、内緒の借入も可能!
審査は最短30分ととてもスピーディ!
ばれない申込手続きも人気でローンカードのお届け時間帯も指定可能!

金利

限度額

審査時間

4.5%~18.0%

最大500万円

最短30分

カードローンでお金を借りれば、当然ながら必ず返済をしなければなりません。
しかし、カードローン会社やサービスによって返済方法が異なる場合もありますが、多くの金融機関では同一の返済方式を採用しています。

 

元利均等リボルビング払いによる返済

いろいろある中で、多くの金融機関が採用しており、人にとって便利なのが元利均等リボルビング払いという返済方法です。

元利均等リボルビング払いとは?

元金と利息の合計金額を均等にして返済をしていく方法を指します。
もう少し簡単に言えば、カードローンに対する支払金額が毎月一定になるものを指します。

 

元利均等リボルビング払いの特徴

カードローンで借入をすれば、元金の返済だけでなく、利息分も支払っていく必要があります。
この利息の支払金額を月々の支払金額の中に納めているのが元利均等リボルビング払いの特徴の一つです。

 

たとえば、月々にお支払金額が1万円だったとします。
そして、その中で利息が500円あったのなら、元金の返済金額は9,500円となります。
このようにして元金と利息の合計金額が一定になると言うことから元利均等と呼ばれています。

 

返済方法を元利均等リボルビング払いにするメリット

元利均等リボルビング払いを返済方法として選ぶメリットは、計画を立てやすいことです。
支払金額が一定ですから、たとえば毎月2万円ずつの返済なら生活に支障が出ないのであれば、月々2万円の支払額になるような借り方をすれば良いわけです。
返済していくうえで、どれくらい余裕があるかさえ把握していれば、それに応じた分だけカードローンを利用するといったことも容易に出来るようになります。
また、返済計画を立てるうえで難しい計算をしなくても良いというメリットもあります。

カードローンの返済が心配!申込前に知っておきたいこと

カードローンで融資を受ける事は、安定した収入を得ている人にとってはそう難しい話ではありません。
ですが、借りたお金をしっかりと返済するという事は実は非常に難しいのです。
返済は、借りる前にしっかりとシミュレーションを立てておかなければ、後々大変な事になります。

 

カードローンの毎月の返済額を事前にチェック

計画的な返済計画を立てるためには、
色々な金融業者がホームページ上に用意している返済シミュレーションでイメージが出来ます。
各社が用意している返済シミュレーションでは、借入したい金額と、借入利率(仮)及び返済回数を入力するだけで、毎月の返済額が算出出来ます。

 

カードローン返済の月々の利息・利子を抑えるには金利をチェック

カードローンを利用する上で、特に注意しておきたいのが金利です。
金利は借入金額に対する利息です。
この金利が高ければ高いほど、利息が増えます。一般的に、
銀行カードローンでは、5%~15%
消費者金融カードローンでは、5%~18%
ほどです。

 

この金利は、あなたの信用度により変化します。
信用が高いと判断されれば、限度額が上がり、その分金利は下がります。
信用が高い人の1例として、これまでのクレジットカード取引やカードローンの取引が多く、返済に問題がない人が挙げられます。
これまでクレジットカードなどを持った事がない様な人は、逆に信用は低くなります。
信用が低いというとイメージが悪いですが、過去の返済実績がない場合にはプラスの判断はしにくいということです。

 

もちろん、年収や勤続年数、雇用形態も信用につながりますが、それだけではないのがポイントです。
クレジットカードを持っていて、優良な取引(支払い遅延・延滞などがない)を行っていれば金利は低くなるでしょう。
また、そうではない人も、金融業者によっては契約後1ヶ月利息0円サービスを実施している業者をうまく利用すれば利息は抑える事が出来ます。
返済実績を作って、後々限度額を増額する申請を出して審査に通れば、限度額を増やし、金利を下げることも可能です。

返済が心配なら低金利の銀行カードローン

 

毎月の返済が苦しい!借り換え・おまとめで楽に

また、既に複数社のカードローンを持ち、返済が煩雑になり管理する事が大変な人はおまとめローンを利用すれば、返済などが1本化出来、管理しやすくなります。
また、更に良い点は、おまとめローンの金利は、比較的低めに設定されている事が多く、今のカードローンの契約金利よりも下がる可能性があります。
金利が下がれば返済金額も少なく出来るため、利点があります。

 

基本的に、借り換えやおまとめには銀行カードローンがおすすめです。
銀行カードローンは最大限度額も十分で、低金利のところが多いのが理由です。
実際、おまとめしたらどのくらいの返済額になるのかもシミュレーション可能です。

 

ただ、多くの金融機関からすでに融資を受けている場合には、新規での契約が難しい場合もあります。
低金利のおまとめ向きの銀行カードローンは、「審査シミュレーション」ツールを設けている所はあまりないので、審査が心配な場合にはまずは1社でも完済して、借入件数を減らすなどの工夫をしましょう。

おまとめ向きの銀行カードローンって何?

 

【徹底解説】カードローンの返済について詳しく知りたい

カードローンの色々な返済方法の種類

返済には様々な方法があります。
多くの業者で採用されている方式は、「残高スライドリボルビング返済方式」と呼ばれるものです。
金融機関によって名称が違うこともありますが、基本的にはこの方式が採用されています。

 

この返済方式は、借入金額の増減によって、返済額をスライドさせる方式です。
この方式の利点は、月々の返済金額を少なく抑えられる点です。
その代わり、返済期間は長くなり、結果的には総利息が高くなります。
その他にも、「定額返済方式」や「定率返済方式」と呼ばれる方法があります。

 

「定額返済方式」は、読んで字の如く、月々の返済金額が毎月変動しません。
借り入れる金額と借り入れる期間により、元金+利息の総額を借入期間(月)で割って返済していく方式です。
この方法は、返済期間が定まる変わりに、月々の返済金額は少々高くなります。

 

「定率返済方式」は、月々の返済金額が残高に連動しながら、例えば10%の割合で利息を取っていく方法です。
月々の返済金額は、ある一定の金額に達する毎に減って行きます。

 

多くのカードローンが採用しているリボルビング払いを徹底解説

では「リボルビング返済」とは一体どういう事でしょうか。
簡単に言うと、あらかじめ金融業者が定めている支払残高のランクに応じて、毎月の返済額を増減させる方法です。
ランクを定めている事で、急激な返済額の変動を抑えながら、返済しやくしています。

 

リボ払いにも種類がたくさん

一口にリボ払いと言っても、厳密に幾つかの種類が存在します。

  • 元利定額リボルビング返済方式
  • 元利定率リボルビング返済方式
  • 元金定額リボルビング返済方式
  • 元金定率リボルビング返済方式
  • 残高スライド元利定額リボルビング方式
  • 残高スライド元利定率リボルビング方式
  • 残高スライド元金定額リボルビング方式
  • 残高スライド元金定率リボルビング方式

ただ、多くは「残高スライド元利定額リボルビング方式」が採用されており、金融機関によって多少名称が異なるだけで実際は同じという場合もあります。
返済のイメージを掴むためにも、返済シミュレーションをしてみるのが良いでしょう。

 

残高スライド元利定額リボルビング方式が一般的

ではこの返済方式の中でも、最も多くの金融業者で採用されている「残高スライド元利定額リボルビング方式」とは一体どの様なものでしょうか。

 

リボ払いのメリットは、毎月の返済額が一定なので返済しやすいことです。
しかし、毎月の返済はまず利息分に充当されるので、借入額が多額であったり、利率が高ければなかなか残高自体が減らないと言うデメリットがあります。
では、カードローンの返済方式の「残高スライド」とはどういうことかというと、返済をして残高が減少すれば、それに合わせて返済額もスライドして減少するということです。
金融機関によっては、返済回数が指定できずに、最も無理のない返済計画がシミュレーション結果として表示される場合もあります。
あくまでもシミュレーションなので、最低返済額以上の返済であれば、結果通りに返済しなくても全く問題ありません。
少しでも返済総額を少なくするには、余裕のあるタイミングで最低返済金額以上の返済を行っていくことです。

 

カードローンは返済の仕方次第で節約も可能

また、多くのカードローンでは、繰上返済が可能となっています。
お金に余裕が出来た時は、繰上返済を行う事で、元金を早く減らす事が出来ます。
元金が減るという事は、その後の利息も減少するという事に繋がり、
結果的に予定していた期間よりも早く返済でき、利息も減らせるのです。

 

任意返済(随時返済)って何?

返済方法には、振込、引き落とし、任意返済(随時返済)などの方法があります。
任意返済(随時返済)とは、専用カードによりATMなどを利用し、
約定日までに自由に返済する方式です。

 

全額返済(一括返済)って何?

全額返済(一括返済)は、今借入をしている金額を全額まとめて支払う事です。
全額とは、その時点までの利息を含む、すべての金額です。
全額返済はいつでも実施出来るのがカードローンの利点と言えます。

 

大手カードローンの返済情報まとめ

では、大手消費者金融では、どの様な返済方法を用意しているでしょうか?

アイフル

返済方法

口座振替
口座振込
ATM(コンビニなどの提携ATMを含む)による返済

返済期日

35日サイクル制
毎月約定日払い
※任意で設定が選択可能

最低返済金額

5,000円(サイクル制)
4,000円(約定日制)

返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

>>アイフルで返済シミュレーションしてみる

 

プロミス

返済方法

口座振替
口座振込
ATM(コンビニなどの提携ATMを含む)による返済

返済期日

5日、15日、25日、月末から選択出来る毎月約定日払い

最低返済金額

2,000円

返済方式 残高スライド元利定額返済方式

>>プロミスで返済シミュレーションしてみる

 

モビット

返済方法

口座振替
口座振込
ATM(コンビニなどの提携ATMを含む)による返済

返済期日

5日、15日、25日、月末から選択出来る毎月約定日払い

最低返済金額

4,000円

返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式

>>モビットで返済シミュレーションしてみる

 

オリックス銀行カードローン

返済方法

口座振替
口座振込
提携ATMによる返済

返済期日

10日、月末から選択出来る毎月約定日払い

最低返済金額

借入残高が30万円以下:7,000円

返済方式 残高スライドリボルビング方式

>>オリックス銀行カードローンで返済シミュレーションしてみる

 

みずほ銀行カードローン

返済方法

みずほ銀行の口座振替による返済

返済期日

毎月10日の約定日払い

最低返済金額

10,000円

返済方式 残高スライド方式

>>みずほ銀行カードローンで返済シミュレーションしてみる

 

新生銀行カードローン レイク

返済方法

口座振替
口座振込
ATM(コンビニなどの提携ATMを含む)による返済

返済期日

毎月約定日払い(任意で設定)が選択可能。

最低返済金額

3,000円

返済方式 残高スライドリボルビング方式

>>新生銀行カードローン レイクで返済シミュレーションしてみる

 

三井住友銀行カードローン

返済方法

口座振替
口座振込
ATM(コンビニなどの提携ATMを含む)による返済

返済期日

5日、15日、25日、月末から選択出来る毎月約定日払い

最低返済金額

2,000円※

返済方式 残高スライド元利定額方式
※約定返済時における当座貸越金額が、2千円以上10万円以下の場合

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る