女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

土日祝日でも即日融資可能なカードローン業者と実現に向けた具体的なポイント

カードローンの「融資」は土日でも大丈夫なの?

カードローンを利用してカードローンを利用するメリットの一つに、「即日融資が利用できる」という特徴があります。
100%実現できるというわけではありませんが、即日融資に対応しているカードローンであれば、銀行系、消費者金融系を問わずに最短1時間以内で融資を実現することもできるので、急な出費にも十分に対応することができるという点が魅力です。
いずれのカードローンにしても、基本的には【土日を含む年中無休で融資に対応している】のですが、元日などは営業していない場合もあります。
また、カードローン業者によっては平日のみしか融資を行っていない場合もあるので、申し込み以前にどのような方針になっているのかを確認する必要があります。
特に消費者金融系カードローンの場合は土日祝日を問わず融資を受けられる可能性が高く、銀行系カードローンの方が可能性は低くなります。
ただ、大手消費者金融ならびに銀行は、曜日を問わず融資に対応している可能性が高いので、「どうしても土日祝日に融資が必要だ」という状況になった場合は、優先的に検討すると良いでしょう。

 

 

 

「銀行系カードローン」の傾向は?

契約後の環境、簡潔に言えば返済の負担を軽減しやすい選択肢である「銀行系カードローン」は、カードローンならびにキャッシングを利用する上では最優先に検討したい選択肢です。
本当に重要なことは「借りること」ではなく「返すこと」であり、いかに希望通りのタイミングで借入れができたとしても、最終的に返済不能に陥ってしまえば何の意味もありません。
そういった意味で、「低金利で利用しやすい」という特徴を持っている銀行系カードローンは優先度が高いのですが、「土日祝日の即日融資」という条件を付けて評価する場合は、比較的評価が低くなってしまいます。
そもそも、銀行は土日祝日に営業をしていないことも関係しますが、いわゆる「メガバンク」を除くと土日祝日でも即日融資が可能な選択肢が限られてしまいます。
すべてが不可能というわけではないものの、まずは「対応しているところを見つける」という作業から始めなければいけません。
また、一つ覚えておかなければいけないこととして、【「即日融資」と「即日審査」は違うものだと】いうことがあります。
前者は融資までを即日中に完結できる可能性があるものの、後者は審査受付もしくは審査対応のみ即日中に完結することができるが融資はそこに含まれません。
このようなポイントに注意しながら各カードローンの情報を調べ、申し込み先を厳選していきましょう。

 

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の土日対応と要点

【土日審査/融資】 可/可
【審査対応時間】 9:00~21:00(土日祝日 9:00~17:00)
【申し込み方法】 インターネット、テレビ窓口、電話
【注意点】 インターネット申し込みの場合は、基本的に年中無休で24時間利用することができますが、あくまでも審査申し込みが可能なだけです。
契約をするためには審査を経て契約手続きを行う必要があるため、申し込み後に審査が開始されるタイミングはしっかりと把握しておくことが大切です。
急ぎではない場合は良いですが、即日融資を希望する場合は審査対応時間をよく確認しておかないと実現することが難しくなります。
また、「テレビ窓口(いわゆる自動契約機、無人契約機)」を利用した場合、契約後にその場でカードを受け取ることができるので、土日祝日に即日融資を希望する場合に重宝します。
テレビ窓口の営業時間は、平日9:00~20:00、土曜および祝日10:00~18:00、日曜10:00~17:00です。
在籍確認に関して、基本的には確認完了を条件に契約が成立しますが、審査状況に応じて在籍確認が完了していない状態でも契約できる可能性はあります。
土日祝日の契約となると会社が休みということも増えますが、その場合は電話以外の方法で対応してもらえる場合もあります。
電話確認が必須となった場合、確認完了まで契約が保留となるか、一時的に限度額を制限しての契約となる可能性もあります。

 

みずほ銀行カードローンの土日対応と要点

【土日審査/融資】 不可/不可
【審査対応時間】 9:00~20:00
【申し込み方法】 インターネット、郵送(メールオーダー)、郵送、電話、窓口
【注意点】 インターネット申し込み(パソコン、モバイル)であれば、24時間申し込みを受け付けていますが、【審査は平日のみ】です。
つまり、土日祝日に審査申込みをすることは可能ですが、即日融資を利用することはできません。
最短で月曜日の融資となりますが、申し込み方法によっては数日かかる可能性もあります。
急ぎの場合は申し込み方法ごとの違いを良く調べて把握し、適切な方法を選択するようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンの土日対応と要点

【土日審査/融資】 可/可
【審査対応時間】 9:00~21:00
【申し込み方法】 インターネット、ローン契約機、電話、郵送(メールオーダー)、窓口
【注意点】 インターネット申し込みの場合は曜日、時間に関係なく審査申し込みが行えますが、こちらもあくまで審査申し込みが可能なだけです。
審査対応時間内に申し込み手続きを行わない限り即日融資の可能性はなくなります。
申し込みの際、三井住友銀行本支店およびSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)店舗に設置されているローン契約機(ACM)を利用する場合、土日祝日も原則21:00まで申し込み手続きが行えます。
その場でカードを受け取ることができるので、即日融資を希望している場合には特におすすめです。
また、プロミス店舗にて申し込み手続きを行うことが可能であるため、二段構えの作戦で即日融資を期待することもできます。
プロミスについては以下で触れますが、土日祝日も即日融資に対応しています。

 

楽天銀行カードローンの土日対応と要点

【土日審査/融資】 可/可
【審査対応時間】 不明
【申し込み方法】 インターネット
【注意点】 インターネットからの申し込みは24時間受け付けていますが、即日融資が実現できるかどうかは「楽天銀行口座の有無」によって異なります。
口座を持っている場合、契約完了後いつでもリアルタイム取引が可能ですが、他行口座を使って取引を行う場合は【平日0:10~14:45までの振り込み依頼のみ即日融資が可能】です。
振り込み融資を希望しない場合、契約完了後にローンカードが郵送されるまで借り入れをすることができません。
在籍確認は「電話」によって行われますが、状況に応じてそれ以外の方法で対応してもらえる可能性はあります。
審査結果の通知はメールで対応できますが、契約完了までに電話が必須となる点を覚えておきましょう。

 

オリックス銀行カードローンの土日対応と要点

【土日審査/融資】 不可/不可
【審査対応時間】 不明
【申し込み方法】 インターネット
【注意点】 インターネットから24時間審査受付に対応していますが、審査自体は平日のみ行っています。

 

イオン銀行カードローンの土日対応と要点

【土日審査/融資】 可/可
【審査対応時間】 15:00まで
【申し込み方法】 インターネット
【注意点】 インターネットで24時間、年中無休で審査申し込みを受け付けています。
インターネットから【14時までの審査申し込みに関しては(原則)即日回答】を謳っていますが、状況によっては審査結果の回答までに数日かかることもあります。
ただし、即日融資を利用するためには【イオン銀行口座必須】です。
該当口座を持っている場合は即日融資を利用することも可能ですが、可能なのは平日のみです。
ただし、店舗でも無担保ローン関連業務を行っているため、そこを利用することで即日融資の可能性があります。

 

 

「消費者金融系カードローン」の傾向は?

銀行系カードローンの場合は、土日不可、特定条件下のみ土日の即日融資可能と言った状況でしたが、消費者金融系カードローンに関しては【原則として土日祝日に関係なく即日融資可能】です。
特に、大手消費者金融と呼ばれる以下の会社については問題なく対応していますが、中小以下の会社は土日の即日融資を行っていない場合もあります。
また、土日に即日融資を実現するためには、【適切な融資方法を選択する】ということも必要です。
融資完了までのタイミングにこだわっていない場合は問題ありませんが、できるだけスピーディな融資を希望している状況、特に即日融資を希望している状況では、事前にしっかりと内容を把握したうえで申し込み手続きに入ることが必要です。
簡単に条件をまとめると、次のようなポイントがあります。

 

・ローンカードを発行できる環境(店舗など)がある
・オンラインバンキングなどで状況を問わずにリアルタイム振込み処理ができる
・審査受付時間(営業時間)に手続きを完了する
・WEB完結にこだわると即日融資が利用できなくなる
ごくごく基本的なポイントのみ挙げましたが、これを把握しているだけでも土日の即日融資を利用しやすくなります。
特に重要なポイントとなるものは、「WEB完結にこだわらない」という点です。
これは、要するに「来店不要にこだわらない」という意味になります。
来店不要でキャッシングする場合、選択可能な方法は「銀行振込」しかない状況が多く、その場合は銀行が営業していない状況で即日融資を実現することが非常に難しいです。
銀行を介さずに直接カードローン業者から借り入れを完了させられる方法、つまりは「ATM出金」ができる状態にすると、土日祝日だろうと深夜早朝だろうと融資を受けることができます。

 

プロミスの土日対応と要点

【受付時間】
三井住友銀行ローン契約機 9:00~21:00(※契約機により営業時間、休日が異なります。)
自動契約機 9:00~22:00 (※一部21時もあります。)
お客様サービスプラザ(店頭窓口) 10:00~18:00(※店舗により営業時間、休日が異なります。)
インターネット 24時間
【審査対応時間】 同上
【申し込み方法】 インターネット、自動契約機、店頭窓口、電話、郵送
【注意点】 インターネットからの申し込みであれば24時間受付ていますが、実際に審査が行われる時間は限定されます。
主に9:00~22:00の範囲で審査が行われますが、終了時間ギリギリに来店以外の方法で申し込みをした場合は、翌日以降に審査が行われる場合もあります。
審査は最短30分で完了し、自動契約機(ローン契約機)もしくは店頭窓口での申し込みであればその場で出来上がったカードを受け取ることも可能です。
カードを受け取った後は、店舗設置の専用ATMまたは提携ATM(コンビニなど)を利用して、いつでも好きなタイミングで借り入れをすることができるようになります。
在籍確認の方法は基本的に「電話」となりますが、相談に応じてそれ以外の方法で対応してもらえる可能性はあります。

 

アコムの土日対応と要点

【受付時間】 インターネット 24時間、店頭窓口 9:30~18:00、電話 24時間
自動契約機 8:00~22:00、年中無休(年末年始は除く)※一部店舗は営業時間が異なります。

 

【審査対応時間】 9:00~21:00(基本)、電話申し込みの場合18:00以降の申し込みは翌営業日扱い
【申し込み方法】 インターネット、自動契約機(むじんくん)、店頭窓口、電話、郵送
【注意点】 インターネットや電話からであれば24時間、審査受付を行っていますが、実際に審査が行われる時間は9:00~21:00もしくは22:00までです。
店頭窓口に関しては営業時間が短く設定されていますが、一部店舗は19:00まで営業している場合もあります。
もっとも、有人店舗自体が少なく状況が限定されてしまうため、通常「店舗」と言えば無人店舗(自動契約機)を指すことが多いです。
審査は最短30踏んで終了し、自動契約機もしくは郵送でローンカードを受け取ることになります。
在籍確認は主に電話で行いますが、状況に応じて書類のみで対応してもらえる可能性もあります。

 

SMBCモビットの土日対応と要点

【受付時間】 インターネット 24時間、電話 9:00~21:00、ローン申込機 8:00~21:00
【審査対応時間】 9:00~21:00
【申し込み方法】 インターネット、郵便、電話、ローン申込機
【注意点】 インターネットからは24時間審査申し込みを付けつけていますが、SMBCモビットには非常に特徴的なサービス「WEB完結」があります。
単に名称が同じというだけならば他のカードローン業者にもありますが、SMBCモビットの場合は「電話連絡不要、来店不要、郵送物不要」で契約することが可能です。
電話連絡が原則不要となるため、本人確認ならびに在籍確認が電話以外の方法で完了できます。
基本的には書類の提出によって確認を行いますが、状況によっては電話確認が必須となる可能性もあります。
また、郵送物不要になることで、契約書や利用明細書の管理が容易になるという点もメリットです。
加えて、「カードレス契約」とすれば、カードも含めてSMBCモビットとの契約履歴を示す証拠が物として残らないので、カードローンの利用を周囲にバレないようにしたいと思っている人にとっては非常におすすめです。
また、同じく特徴的なサービスとして「ローン申込機」があります。
これは、審査申し込み完了後すぐにカードを発行することができるため、以降、審査突破ならびに契約手続きを電話やネットで完了させることができればすぐにカードが使えるようになります。
仕事の関係などで営業終了までにカードを受け取ることができないような場合でも、事前にカードを受け取ることができるので即日融資の可能性が高まります。
なお、カードについては任意で発行することもできます。
振り込み融資の場合、平日19:00までの申し込みに関しては最短30分で審査回答が得られます。

 

アイフルの土日対応と要点

【受付時間】 インターネット 24時間、窓口 10:00~18:00、自動契約機 8:00~22:00 電話 9:00~21:00
【審査対応時間】 9:00~21:00
【申し込み方法】 インターネット、窓口、自動契約機、電話
【注意点】 インターネットからの申し込みは24時間受け付けていますが、審査対応時間は別に設定されています。
審査時間は、他の大手消費者金融系カードローンと同じように最短30分に設定されていて、土曜日、日曜日や祝日でも即日借入可能です。
在籍確認の方法は基本的に電話での対応となります。
アイフルの特徴的なサービスは、カードを郵送で受け取る場合に時間指定可能な「配達時間えらべーる」です。
仕事で郵便物を受け取れるタイミングが限られてしまう状況など、家族にバレてしまうリスクを解消するために非常に効果的なサービスです。

 

土日にカードローン契約をスムーズに行うための申請方法

それぞれのカードローンごとの特徴を一通り見てきましたが、基本的に土日休日にカードローンを契約して即日振込を利用するためのポイントは共通しています。
大切なことは申し込みの方法を適切に選択することと、融資方法を適切に選択することの2つです。
まずは審査を突破して契約をすることが肝心なので、そこまでの段階をスムーズにクリアするための方法を紹介します。
まず、申し込み方法に関してですが、基本的には「インターネット申し込み」がおすすめです。
仮に目の前に店舗がある状況ならば来店して申し込み手続きを行った方が短時間で完了する可能性もありますが、そうでなければインターネット申し込みで審査開始時期をできるだけ早め、審査中に店舗に移動して契約後すぐにカードを受取れる状態にします。
申し込みの方法に関係なく、契約完了後もしくは契約可能と判断が出た後は、来店手続きに切り替えることができます。
移動時間を活用して審査を行うことによって時間を短縮し、ATM出金以外の方法でも即日融資の可能性を高めましょう。
SMBCモビットの「ローン申込機」のように、簡単な手続きで申し込みが完了でき、なおかつカードを事前に発行しておくことができる場合は積極的に利用することがおすすめです。
ただ、多くの自動契約機は操作に時間がかかってしまう状況が多いため、パソコンなどから手続きを完了した方がスピーディに完結できる可能性が高くなります。
細かな部分を確認しながら申し込み手続きを行うと時間がかかってしまいやすいので、そういった場合は直接来店して手続きをした方が短時間で済む可能性もあります。
自身がどの程度対応出来そうかを客観的に判断することも必要です。

 

申し込み時は必ず「必要書類」を確認する

カードローン申し込み時に必要になる書類は、細かい部分は申し込み先によって異なる場合もありますが、基本的には変わりません。
以下、申し込み時に提出が必要となる(可能性がある)書類です。

 

・本人確認書類 運転免許証、パスポート、健康保険証、在留カード、特別永住者許可証など
・収入確認書類 源泉徴収票、確定申告書、納税証明書、給与明細書など
カードローン業者によっては、「50万円までは収入証明書の提出不要」「300万円までは提出不要」と言った設定を採用している場合もあります。
ただ、「総量規制対象」となるカードローンの場合は、50万円が基準として設定されているため提出の機会が多くなります。
総量規制対象外のカードローンであれば、比較的高額の契約まで提出不要と設定されていることも多いので、申し込みの段階で書類を準備する手間が多少解消されます。
ただし、あくまでも書類の提出が不要になる「可能性がある」というだけの話なので、条件下であっても書類の提出が必須となる可能性もあります。
もしも提出必須となった場合に準備ができていないと、書類の準備が整うまでは手続きが保留されてしまう可能性があります。
そうなると、即日融資の可能性が低くなってしまうため、仮に不要の可能性があったとしても保険として準備しておくと安心です。

 

 

カードローンの土日審査を申し込むときの注意点

土日カードローンを申し込み、なおかつ即日融資を希望する場合は、まず「土日祝日の即日融資に対応しているカードローンを選択する」ということが必須です。
どれほど条件(金利や限度額設定など)が良いカードローンを見つけられたとしても、即日融資が必須の状況で対応していなければ何の意味もありません。
もし、融資完了までに余裕があり、その範囲で契約できる可能性がある状態ならば問題はありませんが、そうでなければ即日融資ありきでカードローン業者を選択することが必要です。
また、即日融資に対応しているカードローン業者を見つけられたとしても、「審査時間内」に申し込み手続きを完了しなければ即日融資の可能性がなくなります。
土日祝日も即日融資に対応しているカードローンのうち、「店舗を有してカードを発行することができるもの」に関しては、おおむね遅い時間(20:00や21:00など)まで対応できますが、有人店舗のみしか設置していない場合や夕方(18:00など)で営業終了してしまうこともあります。
つまり、それ以降の契約はすべて銀行振込みによる対応となってしまうため、実質的には翌営業日以降の融資対応として扱われます。
銀行振込み融資では基本的に土日の即日融資は利用できないため、直接現金を受取るもしくはカードを受取ることができる方法を優先しましょう。

 

在籍確認ができるかどうかを意識する

年中無休で営業している会社に勤めている場合、もしくは会社は休日でも誰かしらが当直して電話に対応できる場合のように、曜日に関係なく会社に電話連絡ができる環境であれば特に何も心配する必要はないでしょう。
しかし、土日休みの仕事をしていて会社も同じように完全休業となる場合、土日祝日にカードローンに申し込みをしても「在籍確認ができない状態」になってしまいます。
もし、土日祝日に休みとなる会社に勤めていたとしても、申し込みのタイミングが平日ならば何の心配もいりません。
あくまでも、「会社で誰も電話に出ることができない状態」の場合です。
カードローン契約を適切に完了するためには、在籍確認を完了することが必須です。
審査状況などに応じて在籍確認が実質的に不要となる場合もありますが、原則的に在籍確認は行われると思っていた方が間違いありません。
もし、会社が休日で電話に出る人が居ない場合、「自分で出社して電話に出る」という方法もあります。
在籍確認自体は第三者が対応しなければいけないという決まりはなく、申し込み者本人が電話に対応しても何ら問題はありません。
むしろ、自分で電話に出られる環境ならば周囲に配慮する必要がない分だけ負担を軽減できます。
会社は休みだとしても出社して会社の電話を受けることができるのであれば、その旨をカードローン業者に説明して応じてもらえないかどうかを確認しましょう。
もし、どうしても在籍確認ができないような状態であれば、「書類の確認で対応してもらえないかどうか」「後日、確認をする形で契約することができないかどうか」と言った相談をすることも必要です。
大概、カードローン業者の方から「ならばこういった方法で対応しましょう」と提案してもらえますが、万が一にも即日融資が必要な状態で「確認が取れるまで融資はしません」と言われてしまえば困ってしまいます。
何らかの書類によって一時的に信用を担保しつつ、在籍確認が可能な状態になれば電話確認に応じるといった相談であれば、バッサリと断られてしまうリスクを軽減できますが、そういった状況では【限度額が一時的に制限される】などの制約がある場合もあります。
限度額ギリギリの金額が必要な状態でそうなってしまえば問題なので、あらかじめ上手な対処方法を考えておくようにしましょう。
ただし、間違っても「アリバイ会社」のようなものを使ってはいけません。
仮に上手く契約することができたとしても、その事実が発覚した段階で一括返済を求められてしまうなどの問題に発展する可能性が高く、「百害あって一利なし」です。

 

「審査対応時間」を意識して申し込む

すでにいくつかのカードローン業者についての情報を紹介しているので分かっているでしょうが、それぞれのカードローン業者ごとに営業時間に違いがあります。
おおよそ同じような営業時間が設定されていますが、そうかといってまったく同じ設定というわけではないので、事前に確認しておかないと「想定よりも1時間早く終了してしまって手続きができなかった」などの状態になり兼ねません。
のっぴきならない事情で急にお金が必要になった場合はともかく、土日祝日は全体的に営業時間が短い傾向があることを踏まえて【なるべく早めに申し込み手続きを行う】ということを意識しておきましょう。
また、即日融資を実現するためには申し込みが完了すれば良いというわけではないので、さまざまなリスクを考慮すると午前中には申し込み手続きを完了した方が賢明です。
午前中に手続きを完了していれば、簡単なトラブル程度であれば対処できる可能性も高まります。
総じて営業時間が長い方法は「消費者金融系カードローン」で、大手であれば土日祝日でも21:00くらいまで即日融資の可能性があります。
対して銀行系カードローンの場合、非常に早い段階で手続きが完了していないと即日融資を利用できない場合が多くなります。
本来、カードローンを評価する上で重要なポイントでは明らかに勝っている銀行系カードローンがあったとしても、即日融資必須の状況では敢えて条件の悪いカードローンを選択することも必要になることを覚悟しておきましょう。

 

 

土日祝日にカードローン申し込みをする上でのポイントまとめ

土日にカードローンを即日融資で利用するためには、「即日融資に対応していること」「営業時間内に申し込み手続きを完了すること」「適切な融資方法を選択すること」などがポイントです。
条件面で優遇されている銀行系カードローンより、条件面で劣りやすい消費者金融系カードローンの方が可能性は高くなります。
ただし、新生銀行レイクのように、銀行系カードローンでありながら消費者金融系カードローンのようなサービスを提供しているところもあります。
土日の即日融資といった高めのハードルをクリアするためには、多角的なアプローチを検討することが必要です。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る