カードローンで借入れするなら~賢い選び方・コツまとめ~

お金を借りたいと思ったときに、いろいろな金融業者が行っているカードローンを使いたいと感じている人もいるでしょう。
カードローンのサービスを行っている金融業者は数多くありますので、どこを選べばいいか分からず難しいと感じる人もいると思います。

 

自分に合ったカードローンの選び方

カードローンの選び方として重視するべき点は、利用者ごとのニーズによって変わってくると言えます。
カードローンを使って融資を受ける際、多くの人が気になることといえば、素早い借り入れが可能なのかどうかや、金利内容についてではないでしょうか。

 

即日融資に対応したカードローンかどうか

カードローンの選び方として、すぐにお金を借り入れたいと考えている人の場合には、金融業者ごとに即日融資に対応してくれるかどうか事前に調べておくことがおすすめです。
近年では審査のスピードが速くなっている金融業者が多くなっていますので、最短であれば申し込みをした即日のうちに融資を受けることが可能です。

ただ即日融資に対応した業者でも、申込みした時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がありますので注意が必要です。

 

>>即日審査・即日融資に対応したカードローン会社はこちら!

 

金利が低いカードローンかどうか

金利はカードローンのサービスを行っている金融業者ごとに設定が違います。
低金利で融資を受けたい人の場合には、消費者金融業者のサービスよりも銀行のものを選択することがおすすめとなります。
金利は少し利率が違うだけでも、最終的な支払い金額として計算すると大きな差となることが考えられますので、事前にどれぐらいの支払い金額になるのかについて把握しておくと良いです。

ただ消費者金融のカードローンの中には、初回の借り入れなら無利息で融資が受けられるサービスを行っている業者もあります。
そのため、状況次第で銀行系カードローンよりも安く融資を受けられるので、事前に様々なカードローン会社を比較して検討することが大切です。

 

>>安く借り入れできるカードローン会社はこちら!

 

その他のカードローンを選ぶ際のポイント

カードローンを選ぶ際には、即日融資対応や金利の低さだけでなく、その他の項目にも気を配ることが重要です。
例えば、新生銀行カードローン レイクなら提携ATMの数料が0円ですし、プロミスレディースには全て女性オペレーターが対応してくれる「女性専用ダイヤル」といったサービスがあります。
またモビットの「WEB完結申込」なら、申込みから融資を受けるまで、一度も来店せずに利用することもできます。

 

こういったサービス内容はカードローン会社によって違ってきますので、自分ならどんなサービスに魅力を感じるかということも判断材料の一つになるのです。

 

>>用途別でカードローンを比較するならこちら!

 

最近よく読まれる人気カードローン記事

    総量規制対象外で即日も可能な人気カードローンはこれ!
    来店不要で即日融資も可能なカードローン|最短で借りたい!
    審査の甘いカードローンってある?審査に通らない理由
    少額融資・少額借入が可能!千円単位で借りれるカードローン
    カードローンの審査基準って?※審査に落ちる人と通る人の違い

カードローンで借入れするなら~賢い選び方・コツまとめ~記事一覧

カードローン人気ランキング【大手企業のみを厳選比較】アイフルアコム三井住友銀行カードローン-->みずほ銀行カードローン

お金を借りるってなんだか不安…特に消費者金融からの借入に抵抗感を持っている方も少なからずいるのではないでしょうか?そんな方は銀行カードローンがおすすめです。銀行ならではの安心感に加え、低金利や限度額が大きいなどのメリットがあります。金利が低いおすすめの銀行カードローンオリックス銀行カードローンみずほ銀行カードローンおまとめに便利来店・口座開設不要エグゼクティブプラン 3.0%~7.0%! ※1⇒オ...

消費者金融のメリットは、審査がスピーディなことです。お金が必要になっても、申込から実際に借りるまでに1ヶ月もかかってしまったら困りますよね…アイフルの審査は最短30分なので、即日での融資も可能です!※さらに申し込みの前に審査に通るかどうかの目安が分かる1秒診断もとても好評です。※申込の時間帯によっては、翌日以降になる場合もあります消費者金融のメリット・デメリットを解説!消費者金融ときくと、一昔前の...

レディースローンならアイフルSuLaLi・プロミスレディースアイフルSuLaLiプロミスレディースご融資可能か1秒で診断安定した収入があれば主婦でもOK⇒アイフルSuLaLiの詳細はこちら⇒プロミスレディースの詳細はこちらレディースローンとは?女性にとって一つのメリットある金融商品としてレディースローンがあります。カードローンのイメージが悪くてなかなか踏み切れない…相手が男性スタッフだとちょっと気...

毎日の暮らしの中でまとまったお金が必要になった時、もしも財布の中身や銀行の預金残高をあわせてもその金額に達しないのであれば、然るべき手段を講じて不足額を埋め合わせることが必要となります。家族や友人にお金の無心を頼むとそれが原因で関係性が悪化する恐れもありますので、このような時には消費者金融の借り入れサービスを使って効率よくお金を捻出するのが良いでしょう。とりわけ消費者金融が提供するカードローンはと...

即日・最短で融資を受けたいという場合は、プロミスがオススメ!プロミスモビットスピーディー審査で最短30分回答10秒で簡易審査結果表示⇒プロミスの公式サイトはこちら⇒モビットの公式サイトはこちら-->最短・即日融資ならWeb申込がおすすめWebからの申込は手間も少なくスピーディなので、できるだけ早く融資を受けたい場合はネットから申込できるカードローンを選びましょう。Web申込ができて、スピーディーな...

少額融資とは何万円まで?この記事においては、少額融資=10万円までという前提で解説していきます。その理由は、銀行カードローンのキャッシングでは、「10万円」が一般的に最も低い融資限度額であるためです。もちろん、引き出しは千円単位などでも可能です!「少額でいいから、今日中に早く借りたい」という人には、銀行や消費者金融のカードローンが早く借りられて便利です。友達の結婚式が重なって生活費が足りなくなって...

低金利で選ぶなら【みずほ銀行カードローン】実質年率:エグゼクティブプラン:年3.0%~7.0%最大限度額:1,000万円低金利で選ぶなら、みずほ銀行カードローン!みずほ銀行カードローンのここがおすすめ♪業界屈指の低金利みずほ銀行カードローンの実質年率は、エグゼクティブプラン:年3.0%~7.0%となっており、数あるカードローンの中でもかなり低い金利設定となっています。住宅ローンのご利用で、本カード...

金融業者からお金を借りる時、誰だって少しでも有利な状態で借りたいと思いますよね。その時に比較するポイントとして審査の早さ利便性安心感などを挙げることが出来ます。どんな用途でお金を借りるのかによって選ぶべき業者は異なり、比較するポイントも変わってきます。いずれにしても用途をしっかり整理して、返済可能かどうかの計画を立ててから申し込むようにしましょう。そうすることで比較したいポイントも絞り込めて使い勝...

カードローンの審査基準は会社によって違い、詳しい中身も公開されていません。しかし、審査に通るかの目安を診断してくれるカードローンであればより早く審査結果の目安を知ることができるのでおすすめです。審査が心配な場合は、審査のスピードと審査に通るかの目安を診断してくれるかをポイントにカードローンを選びましょう。審査に通るかの目安を診断してくれる審査がスピーディ審査の早さなら「モビット」、「プロミス」がお...

カードローン会社は審査をする際、まず返済能力があるかどうかを確認します。つまり、安定した収入があるかということが重要になります。そのため、派遣社員やフリーターといった方々は比較的カードローンを利用できることが多いです。利用条件はそれぞれの会社によって異なりますが、非正規雇用でも安定した収入があり年齢の条件をクリアしていれば利用できます。派遣社員・フリーター・主婦でも利用できるカードローンはこちら!...

カードローンは必ずコンビニatmを利用することが出来るタイプを選びましょう。これは結構大事です。カードローンを使いたい状況は色々なケースがあります。どんな状況でも、自分の好きな時にカードローンを使えるのはやはりコンビニを利用出来る場合です。コンビニは至るところにあり、営業時間も24時間が多いです。カードローンによってはコンビニに設置されてあるatmを利用することが出来ません。この場合、お金をすぐに...

どんな金融会社のカードローンでも申し込み時は自分の勤務先情報が必須になるものです。勤務先情報はしっかりと記載して申し込みをしましょう。申し込み後に在籍確認があるカードローン会社だと、職場に連絡がやってくるので、申込時に提出した内容と違うと分かれば、その時点で不合格となります。一応、金融会社から勤務先情報が間違っていると連絡が来ますが、そもそも自分がうその申告をしているならアウトです。カードローンの...

カードローンは近年の金融サービスの中では特に人気の高いサービスとして知られています。実際に銀行や消費者金融、信用金庫に信販会社に至るまで様々な金融事業を行う会社が導入している代表的な金融サービスとなりました。しかしそれらのサービス名称はカードローンと同じ分類に属していたとしても、そのサービス内容は金融機関によってまちまちです。便利なところもあれば、そうでもないところもありますので慎重に調べてから契...

カードローンを申し込むときは年齢制限があります。何歳から何歳までの人が申し込むことができるのか、これはカードローン各社によって内容が異なるので、必ず自分の年齢でも申し込むことができるカードローンを選ぶ必要があります。何歳から何歳まで申し込めるのかは各社によって多少の違いがあるとは言え、ほとんどのカードローンは20歳から65歳までの人が対象となっていることが多いです。申込時に申し込み条件から何歳から...

ページトップへ戻る